スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:37:47.25 ID:ze2JDF7IO
はじめに。

この作品は黒歴史級の厨二作品です。

激しい厨二描写やキリスト教に喧嘩を売ってるとしか思えない
内容なので厨二アレルギーの方、
敬虔なクリスチャンの方は閲覧をしないことをお勧めします。


249 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:39:05.76 ID:ze2JDF7IO
(,,゚Д゚)「はい。はい。嘘だと思ってくれて構いません。
     でも、本当なんです。あの日、天使に襲われた俺を助けたのは……」


「 吸 血 鬼 の 少 女 で し た 」

(,,゚Д゚)「まずは、俺と彼女の出会いから始めましょう」


从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです
  ~天使は塵に帰しましょう~



250 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:40:47.76 ID:ze2JDF7IO
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここはVIP村。ヨーロッパの北部に存在するとある雪国の
山奥にある俗に言う雪に閉ざされた陸の孤島。

俺の名はギコ。

ある女を追い、こんな辺境まで来た哀れな自称新聞記者だ。

その女の名はハロー。

奴はこの現代において存在してはならない魔女だ。

満月の夜に海底のような漆黒の空を舞い、
ハーブではなく硝煙の香りと共に現れて……
人知れず、悪魔や神を狩る魔性の女。

そして何より、俺の家族を皆殺しにした憎き仇敵だ。

俺は奴を追い詰め、白日の下にさらさなければならない。

死んだ両親と、弟のために。

251 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:42:15.76 ID:ze2JDF7IO
「ガタガタ」とトラックは雪道を進む。
物思いに耽りながら、景色を眺めているとトラックは止まり、
不意に影が差す……どうやら目的地に付いたらしい。

俺は飛び下りて、便乗させてもらったオンボロトラックに礼を言う。

荷台に僅かばかりの心付けを添えるのも忘れない。
こうすれば帰りは楽になる事が多いからだ。

さて、まずは情報就職だな。

近くの店に入ってみるか……

(,,゚Д゚)「すみません……」

( ・3・) (’e’) ぺちゃくちゃ

(,,゚Д゚)「もしもし!」

( ・3・) (’e’) ゲラゲラ!

(,,゚Д゚)「……チッ」

なるほどな。この手の寂れた村では良くある光景だ。

余所者には排他的に接する。か……
だが、こういう時は金をちらつかせればいい。

253 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:45:43.77 ID:ze2JDF7IO
情報を引き出すなら、出来る限り高い物が良い。
俺は革製の如何にも高そうな手袋を手に取る。

(,,゚Д゚)「おい。コイツを貰えるか?」

レジに手袋と代金、(もちろん代金は多めにだが)を叩きつける。

(’e’)「あ?いらっしゃい」

(,,゚Д゚)「なぁ、この辺に余所者のメガネをかけた女がいないか?」

( ・3・)「この村ぁな、余所者なんか居着いたらすぐ分かるが
      旅人なんかもアンタぐれぇさ」

(,,゚Д゚)「そうか……なら、最近変なことがおこったりは?」

(’e’)「待てよ……この間、でっけぇ自転車に乗った娘っ子が
     ガムさ買ってったぞ」

( ・3・)「ん?……あー!!あのどるんどるん言っとった奴か」

娘……ハローはどちらかというと女。と言うべき感じだが、
この手の村では若い女はみんな、「娘」扱いになるのかもしれない。

254 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:47:27.67 ID:ze2JDF7IO
そして、どるんどるん言う自転車……

バイクだろう。もし、仮にそいつがハローなら
バイクで雪山走破もあり得なくもない。

多分、ビンゴだ……

(,,゚Д゚)「ありがとよ!」

礼を言い、手袋を引っ付かんで極寒の銀世界へと走り出す。

バイクが目印だ!



――――――――――――――――――――――――――――――――――――

从 ゚∀从「あー。ウサギさんうめー」

パチパチとはぜる焚き火で次の串をあぶり始める。
じんわりと肉汁がたれてきた辺りが美味しくいただける焼き加減だ。

焼いている間に解体したウサギさんは毛皮を洗い、
骨や内臓と一緒に雪の中に埋めてあげる。

だが、その解体されたウサギさんには頭がない。

255 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:49:29.47 ID:ze2JDF7IO
血抜きのために首から上は、切り落とし先に埋めたから。

从 ゚∀从「うめぇうめぇ。ウサギさんに感謝しねぇといけねぇな」

この雪山に来たのは狩りのためだ。もちろん狙いはウサギさんではない。
俺の狙いは化け物共、計算すると今日で四日目。
今回の獲物の天使様方はまだ動き出さないようで、
目下、俺様は雪山で絶賛、サバイバルの真っ最中って感じだ。

バーボンハウスのチョコレートサンデー食べたいなぁ。

从#゚∀从「クソッ。思い出したら余計に惨めな気分になるぜ……」

クソったれが……これも忌々しい俺の体質による物だ。

超人的な身体能力とコウモリやオオカミに擬態する力……
代わりにある程度の魔力を吸収し続けねば灰になる不死身の体。

俺はそう、ヴァンパイアって奴。しかも、人為的に作られた偽物だ。

256 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:51:32.10 ID:ze2JDF7IO
そんな吸血鬼の俺でも腹はへる。
汚い話だがアレも出るし、毎月アレも来る。
指を切れば血が出る。銃で撃たれれば一時的にだが体中が悲鳴をあげる。

だが、全て再生する。

斬られても切断面を合わせれば一秒かからずに治るし、
バラバラにされても二、三日で新しい部位が生えてくる。

おまけに即死必須な時は、体が自動的にコウモリに変わり避けてしまう。

後は太陽、銀の十字架、後は水とかか?
それら全てが効果を発揮することはなく、無敵。
魔力供給も、絶てば体が灰になるがそれだけで意識はきっちり残り
灰の体でもある程度は動くことができる。

258 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/23(月) 23:53:05.31 ID:ze2JDF7IO
そんな嘘みたいな体をもち云百年もの間を俺はただ一つの目的の為に費やした。

それは復讐。

「メガネをかけたあの女」を殺す。

そのためだけに天使を食い、悪魔で喉を潤し、
神を間食に、怪異のディナーを楽しんできた。

あの女を、私の体から死って絶対的な事実を奪いさったあの女を、
殺さなければ俺は棺桶で眠ることすら出来ない。

そうだろう?

殴られたら蹴り返す。刺されたら滅多刺し。撃たれたら爆殺。
「目には目を歯には歯を」で有名なハンブラビじゃなくてハンムラビ法典でも
唱ってるアレさ。

俺は、死と人生を奪われた。

だから、奴から命と夢を奪い去る。

263 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:01:14.02 ID:56BAVtnhO
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(((;,,゚Д゚)))「クソッ……やっちまった」

ガタガタと震える手で、聖書を破り捨てて火にくべる。

バイクを目印に村中を探したが結局見つからず、
とりあえず、教会に入った俺だが豪雪によりその教会に閉じ込められてしまった。

もしかしたら村人が閉じこめたのかもしれないがそっちは考えたくない。

今は、無人の教会の暖炉で聖書を燃やしながら凌いでいるが、
食料のないここではいずれ餓死してしまう……

(,,゚Д゚)「手袋食えねぇかな……」

無理だろjk

265 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[さるってたぜ……] 投稿日:2009/11/24(火) 00:02:20.65 ID:56BAVtnhO
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

閉じこめられてから、どれだけの時が流れただろうか?
寒さと飢えと眠気で俺はもう、限界に近づいていた。

(,, Д )「……シロップでもありゃあ、かき氷食えるなぁ。はは!」

冗談で気を紛らわすが効果は無さそうだ。
ヤバい。……パトラッシュとか言いたくなるぐらいヤバい。

神に祈るか?

もしかしたら、助けてくれるかもしれないぜ?

なぁ、クソッタレな神様よぉ。
俺の願いを聞いてくれよ。俺はまだ死ぬわけにはいかねぇんだ。

あのクソッタレなゴキブリ女にオヤジとオフクロと弟と……
それから従兄弟のねーちゃんや近所のおっちゃん……

……さみぃ……

(,, Д )「みんな、すまねぇ」

カタキ、取れなかった。

「……」

267 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:03:49.97 ID:ze2JDF7IO
「ギコ。ギコ・ワイルドキャットよ」

( ><)( ・∀・)(゚、゚トソン ミセ*゚ー゚)リ

少年のような顔をしたもの、青年の姿を象った四つの羽をもつ男、
慈悲深く生を称える女性、聖母のような笑みをたたえたもの、

(,,゚Д゚)「羽が……天……使……?」

「我々は主の命により汝を救いに来た」

現れた天使達は俺を囲むと、各々、何かを取り出す。

そうか、この苦しみから解き放つために……天に帰すって事か……

黄金の光が俺を包み込み、天使達は賛美歌を歌い上げる。

「ハレルヤ」

「アーメン」

……

俺の求めていたのはこんな結末なのか?
違うだろう?俺はこの手で家族のカタキを取りたかったんであって
楽になりたくはないんだ。こんな終わりで良いのか?逃げるのか?

何から?運命から?そんなものは自分でかってに背負いこんだものだろう?

楽になろうぜ?

268 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:05:14.24 ID:56BAVtnhO
「楽になろうゼ?」

  《 ズ ド ン ! ! ! 》

从 ゚∀从

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ドア越しに撃ち込んだ銃弾は見事にショタ天使の頭に命中した。

もんどりうって天使は顔面を押さえているが、
アイツら天使はこんなモンじゃ死なない。
奴らを殺すなら徹底的にだ。水銀の弾丸で撃ち抜き、
魔神が鍛えた剣でバラバラになるまで切り刻まなければならない。

さぁ、楽しい狩りの時間だ!

从 ゚∀从「さぁ!踊ろうゼ!クソッタレ天使様方よォ!!」

269 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:07:07.29 ID:56BAVtnhO
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

目の前で繰り広げられる惨劇に俺は目を見張った。

先ほどまで感じていた寒さも飢えもどこかへ飛んでいってしまうほどに。
そして代わりに感じるのは凄まじい熱気。正直に言おう。

 俺 は 興 奮 し て い た 。

まるで映画の中のヒロインの様に天使を葬っていくその少女に!

暗闇に浮かぶ輝きが一つ、二つ、三つ、四つ。

それは光り輝く二つの牙と、二つの銃口!

从 ゚∀从「そんな物騒な物は早く捨てちまいな。
     お前だってとっくに分かってんだろ?」

首から下げた十字架(ロザリオ)を握る俺に彼女は高らかに宣言する。

「 神 の 十 字 架 な ん て ゴ ミ 以 下 だ っ て 」

270 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:09:20.01 ID:56BAVtnhO
she is a vampire girl!

聞いたことがある。化け物じみたサイズの二丁拳銃と、
大男の身の丈を越す大剣を振り回し、
天使を殺し、神を冒涜し、悪魔を陵辱し、怪異を赤子のように扱う。

そんな化け物じみた少女。ヴァンパイアガール!!

この悪夢のような世界でこんな美しい夢を見続けられるなら
この少女に全てを差し出してもかまわない……そう思わせる何かを俺は彼女に見ていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

从 ゚∀从「オラオラオラオラオラオラオラオラァ!!」

踏みつけて動けない女の顔に60口径の水銀弾を叩き込む。

一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ。

とにかく沢山。
弾丸は着弾した衝撃で水銀を撒き散らしながら弾頭が破裂し、
女の顔をメチャクチャに壊して回る。

271 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:11:26.38 ID:56BAVtnhO
(メ%メメトソン

从 ゚∀从「夜明けまでまだまだあるぜ!」

かつて天使だったボロ雑巾を蹴り上げて、周辺を確認する。

下司が……

仲間の事などどうでも良いらしい。
残りの天使は同時に三方向から仕掛けてきた。

俺は無造作に右側の脳天が吹き飛んだショタ天使を蜂の巣にしつつ、
左のイケメンに片手で抱きつく。なぜかって?

从 ゚∀从「Bye-bye」

《ズドン》

確実に頭を潰すためさ。口に銃口を突っ込めば避けようがないだろう?

そのまま距離を取りまだ動くショタ天使を射線に入れ、
二体に向けて引き金を引き続ける。

俺の魔力により供給される弾丸は的確にこの二体の天使を
再生不可能なまでに破壊しつくす。

(;;メメ%)(メメメメ∀メメ)

273 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:15:25.75 ID:56BAVtnhO
OK。後は女共だ。

从 ゚∀从「俺をからっぽにしてみせな!」
俺の魔力が尽きるか、奴らの命の灯火が尽きるか……二つに一つ。
最高にスリルのあるゲームをしよう!
さぁ、俺をからっぽにしてみせろ!
さぁ、俺と踊って見せろ!
さぁ、加速しよう恍惚なる殺戮劇場を!

礼拝堂で天使を殺すと言う甘く甘美な誘惑に酔いしれながら、
踊るのさ。夜明けが来るその時まで。

背中から俺の獲物「queen the cute」を引き抜き、
遠心力をかけて弓を持ち遠くから狙っている天使に向けて投げつける。

ミセ* ー )リ「ガッ……」

一直線に剣は進んでゆき命中、刃は深々と女の体を貫き、
運動エネルギーにより壁に張り付けにする。

275 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:17:15.16 ID:56BAVtnhO
その時発せられた鈍い悲鳴は、突き刺さった衝撃に飲み込まれ消えてゆく……

だが、気丈にまだ弓を引こうとする女天使。

けどな、テメェはもう、死ンでんだよ。

从 ゚∀从「ウゼェ!」

オオカミに体を変えて、一瞬で距離をゼロに持ち込む。
横目で見れば、あの「ボロ雑巾」は落下を始めていた。

从 ゚∀从「シャッラア!!」

人の姿に戻り着地した場所は剣の上。

刀身の平たい腹の部分を足場に最後の獲物に向けて飛ぶ。
その際に足場を銃弾でメチャクチャにしてやるのを忘れない。

276 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:19:31.83 ID:56BAVtnhO
顔面、両手足、貧相な胸、後、そう言う概念があるか分からないが、
人間で言う「女の部分」を飛び跳ねるその瞬間に撃ち抜く!

从 ゚∀从「死にな!塵屑共が!!」

(メ%メメトソン

物質世界の掟って奴だ。重力に引かれ落下してゆくボロ雑巾。
俺はそのの上に飛び降り地面に向けて蹴りつける。

礼拝堂の椅子やら何やらを撒き散らしながら天使様はめでたく床に激突する。
その余波で舞い上がった埃霧の中に、俺は飛び込みR指定されるほどの惨殺を行う。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

轟音とともに最後の生贄が埃霧の中から叩き出される。

哀れ、と言うべきか……彼女は空中で塵となり消えてゆく。

从 ゚∀从「……チッ」

(,,゚Д゚)「ッ!?」

283 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[又、さるっすorz] 投稿日:2009/11/24(火) 00:50:51.89 ID:56BAVtnhO
从 ゚∀从「差し出すか?お前も」

俺に拳銃を突きつけ、彼女は死の宣告をする。
悪魔のように邪悪で、天使のように清らかな声。

俺は肯いてしまった。



《 ズ ド ン 》



狙いさえ付けなかった弾丸が命中し、「彼女」の手から「矢」がこぼれ落ちた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


(,,゚Д゚)「なぁ……アンタ、メガネをかけた女を知らないか?」

从 ゚∀从「メガネをかけた女?」

285 名前:从 ゚∀从ヴァンパイアガールのようです[] 投稿日:2009/11/24(火) 00:55:11.10 ID:56BAVtnhO
(,,゚Д゚)「あぁ。知らないか?」

ハーレーを運転する彼女の背につかまり、俺は雪山を下っていた。

バイクに乗っていたと言う女は彼女だったのだ。
恐らくハローはこの辺りには居ない。ガセネタだったのだ。
ならばもうあそこにいる意味はない。

だが、これで又、ふりだしだな。

从 ゚∀从「そんな奴、この世に五万といるぜ?」

(,,゚Д゚)「そうだな。その女は、ハローって言う黒ずくめの野郎さ……」

从 ゚∀从「何?探してンの?」

(,,-Д-)「あぁ。探している……知らないか?」

从 ゚∀从「知ってるぜ。あの女とは300年以上の付き合いだからな」

(,,゚Д゚)「ほっ……本当か!!」

从 ゚∀从「あぁ、俺はアイツをぶっ殺すために生きている」


I am a vampire girl. end and start.

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:00:27.00 ID:56BAVtnhO
まとめ

>>249-251>>253-256>>258>>263>>265>>267-271
>>273>>275>>276>>283>>285

このブーン系は

9 mm parabellum bullet

devil may cry

の提供でお送りしました。


何度もさるって申し訳ない。

頑張って厨二全開にしたんだがどんな感じだろうか?
批評お願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。