スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1レスお題 【赤い風景】



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/26(金) 19:53:40.47 ID:g8Ieac2y0
1レスお題
つ【赤い風景】

152 :【赤い風景】:2010/11/26(金) 22:02:23.71 ID:Rb9wqUua0
赤い夕日。
あまり赤くないあの色が好きなのだ。
だからいつも仕事で疲れた時にここに来る。

「いい夕日だなあ」

堤防。

眩しい。
でもその光が疲れを和らげる。

ここで飲んだり食べたりしたりしてる人も居る。
犬の散歩をしてる人にも会う。
たまに自分と同じでここで夕日を見る人も見る。

あいさつをすると返事が返ってくる。
それは当たり前のことであるが重要なこと。
あいさつをしない人もいるけど。

そして人はここに笑顔を残していく。

ここにも一人。

('∀`)

男は帰る。一つの笑顔を残して。


135 :>>128【赤い風景】:2010/11/26(金) 20:31:31.68 ID:8T+EK6wuO

 明晰夢とかいうのを、昔からよく見る。
 夢の中で夢と自覚し、それ故、自分の思い通りに何でも出来るようになる、明晰夢。

 僕は明晰夢の中で、いつも人を殺していた。

 卑屈なことばかり言って、僕を苛つかせる友人とか、
 我が儘で自分勝手な恋人とか、
 金を巻き上げていったクラスメートの不良とか、
 僕をコントロールしたがる両親とか。

 現実で嫌な思いをさせられたとき、僕は夢の中で彼らを殺す。
 そうやってストレスを発散する。

( ^ω^)   ξ(゙#:;,。ξ

 今日も、僕は夢の中で恋人を殺した。
 舞台は僕の部屋。彼女が流した血で、辺りが真っ赤に汚れてしまった。
 でも気分はいい。すっきりした。
 だから、現実では可愛がってあげよう。優しくして、にこにこ笑ってやろう。

 そのために、目を覚まさなきゃ。
 目を。
 あれ?

( ^ω^)

 目が覚めない。彼女は変わらず死体のままそこにいる。真っ赤な部屋。

 僕の頭は、冴えきっている。

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/26(金) 20:32:36.94 ID:OslCqEkt0
>>128【赤い風景】

真っ赤に染まった部屋。
広さは…ざっと8畳程か。

( ・∀・)「こりゃ……酷いですね」

こんな事件は初めてだ。
椅子と、何かの骨が転がっている。
恐らく…

ミ,,゚Д゚彡「……ああ」

( ・∀・)「ここで何が行われていたのか、こりゃあデカい事件ですね」

ミ,,゚Д゚彡「人体実験の可能性もある、慎重に事は進めろよ」

( ・∀・)「勿論ですよ」

( ・∀・)「それにしたって……これはキチガイとしか言い様が無いですね」

ミ,,゚Д゚彡「そうだな……とてもこんなことなんかする気にはならん」

まさか…トマトで色塗られてるなんて。

( ・∀・)「えっ」

ミ,,゚Д゚彡「えっ」


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/27(土) 03:54:25.56 ID:E2R4Qt+hO
>>128【赤い風景】

回避行動に移るのが遅かった。
死角から襲い来る剛腕。
凶悪な爪に眉間の皮膚をもっていかれる。

(//‰ -)「―――ッ!」

距離をとりながら目元をぬぐうが、痛みと強烈な違和感。
再び開いた左目からは赤く霞んだ風景しか見えなかった。

消えた?
否。どこかから狙っている。

手にした刃はひたすらに重い。
力無き人々から託された希望が、願いが、祈りが詰まっている。
これ以上の犠牲を許すものか。

(//‰ ゚)「ワタシが、終わらせマス」

死の気配が迫る。
不明瞭な視界のまま、あらがうように刃を振るう。

血に染まる世界なんて、いらない。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。