スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです




428 名前:(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:45:16.64 ID:/01ZPdZC0 [2/19]
荒野に吹きすさぶ一陣の風──
風を遮る二つの影が、そこにあった。

“修羅”と呼ばれた彼らを見守るのは、
空と、
大地と、
そして太陽だけ。

(,,メД゚)「…………」
狂戦士(バーサーカー)と呼ばれた男、ギコ。
分厚い黒甲冑に身を包み、
身の丈ほどもある巨大な剣──
通称“竜殺し”を携えていた。

( ・∀・)「…………」
聖騎士(プリンス)と呼ばれた男、モララー。
その流麗かつしなやかな身のこなしと、端整な顔立ちは
まさしく天から舞い降りた聖なる騎士──
人々は彼を“救世主”と呼んだ。



430 名前:(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:47:23.53 ID:/01ZPdZC0 [3/19]
(,,メД゚)「──しぃの仇を討たせてもらう」
ギコは巨大な剣を肩に担ぎ、戦闘態勢へと入る。

( ・∀・)「しぃ? 名前は知らないが……“生贄”になった娘のことかな。
     君の気持ちは痛いほどよくわかるが、仕方のないことなのさ」
モララーは淡々とした口調で言った。

(,,メД゚)「仕方ないだと……!?」
ギコの剣幕がより一層深まる。

( ・∀・)「そうさ。
     “平和”のためには、少々の犠牲を払わなくてはならない。
     新世代の平和のための生贄として、彼女を捧げたのだ。
     少数の命と引き換えに、この世界にいる数十億の幸せを優先したまでさ」

(,,メД゚)「……貴様の考えは間違っている」

( ・∀・)「僕は間違っているとは思わない。
      これが僕の正義だ。
      誰がなんと言おうが、僕は僕の正義を貫く。
      それを邪魔しようとする者があれば、
      僕は誰であろうと容赦なく葬り去る」

(,,メД゚)「最後に生き残った者が正義というわけか。なら……」
ギコは深々と腰を下げ──

(,,メД゚)「───やはり俺のほうが正しいというわけだッ!!」

431 名前:(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:49:22.44 ID:/01ZPdZC0 [4/19]
疾駆。
巨大な甲冑と大剣は、一つの黒い影となって突進する。

(,,メД゚)「ゴルァ!!」

横薙ぎに、一閃。
しかし、そこにはモララーの姿はない。

( ・∀・)「ふっ、イノシシ武者らしい攻撃方法だ」

モララーは“竜殺し”の刀身の上に立ち、
不敵な笑みを浮かべていた。

( ・∀・)「どんなに威力が高かろうと、当たらなければ意味がないのだよ、ギコ君」
      ──疾ッッ」

今度はモララーの攻撃。
サーベルと呼ばれる細身の刀身をギコの甲冑に振り下ろす。
しかし、サーベルはいとも簡単に甲冑に弾かれてしまう。

(,,メД゚)「いくら攻撃が当たろうが、威力がなければ意味がないぜ」

( ・∀・)「…………」

両者は拮抗としていた。
ギコが大剣を振るい、モララーが反撃。
しかしどちらも大した成果は得られなかった。

433 名前:(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:51:47.13 ID:/01ZPdZC0 [5/19]
( ・∀・)(このままでは決着がつかないな。
     持久力勝負に持ち込まれたらこちらに分が悪い。
     ならば!)

突然、モララーは手に持つ武器、サーベルを地面に投げ捨てた。
そして背中から、サーベルよりも更に細い剣を取り出す。

( ・∀・)「これで貴様も終わりだ」

(,,メД゚)(どういうことだ……?)

サーベルですら甲冑で簡単に弾けたのだ。
それよりも細い、今にも折れそうな針の如き剣で一体どうしようというのか。
まさか、勝負を放棄したのか?

しかし、モララーのあの目──勝負を捨てた者の輝きではない。

( ・∀・)「行くぞ、イノシシッ!!」

モララーは、目にも止まらぬ速さで走り出した。

(;メД゚)「くっ……」

凄まじいスピードで、ギコを中心に円を描くように旋回する。
おそらくモララーは、唯一甲冑に覆われていない頭を狙ってくる。
しかし、それは何度も防御してきた。
いくら早かろうが、見切ることは容易い。

434 名前:(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:54:01.87 ID:/01ZPdZC0 [6/19]
背後に殺気を感じた。
攻撃がくる。
しかし大丈夫だ。頭さえ守れば──

(,,メД゚)「!!!!」

モララーは、目の前にいなかった。
否。そこにいなかったわけではない。
ただ、視界に映っていないだけなのだ。

モララーは、頭ではなく胴体に刃を突きつけていた。
そしてその刃は見事にギコの身を貫いていた。

(,,メД゚)「ガハッ……」

状況が飲み込めない。
何故、俺は攻撃を受けている。

一体何があったのだ……!?

モララーはギコから剣を引き抜いた。
血が飛び出し、地面をぬらす。
モララーは一足で後ろに飛びのいた。

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:56:36.00 ID:/01ZPdZC0 [7/19]
( ・∀・)「“線”で捉えきれないのなら、
      “点”を捉えるまでさ」

つまりモララーは、甲冑のわずかな隙間から、あの針のような剣を突き刺したのだ。
──甲冑の中に着込んだ鎖帷子の網目よりも細く鋭い、その剣で。

甲冑にあったわずかな隙間。
あるか無いかの隙間を、戦いの中で見切るその異常な動体視力、
それを寸分の狂いもなく狙える正確さ、集中力。

そして何より、実力の差。
それが勝負を決定付けた。

(,,メД゚)「うう……ぐっ……」

急所をやられたらしい。
視界が霞む。
口からは一筋の血。
全身はびっしょりと冷たい汗に覆われていた。

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:58:36.88 ID:/01ZPdZC0 [8/19]
( ・∀・)「どうやら勝負は僕の勝ちのようだ。
     もう一度君を刺せば、君は確実に絶命するだろう。
     そして僕は、この世界に救世主として君臨する。
     “悪”を根底から滅ぼしてやるのさ。
     僕に逆らう君のような存在は全て消滅させ、
     争いのない平和な社会を生み出す。
     人々は後世に伝えるだろう。
     モララーという名の神が、新たなる世界を創り出したのだと」

モララーが、一歩、一歩とギコに近づく。
ギコはその場にがっくりと膝をついた。

もはや、これまでなのか。

( ・∀・)「死ね」

モララーは、ギコの額に突きを繰り出した──

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:04:16.95 ID:/01ZPdZC0 [9/19]
いってくる

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:06:01.02 ID:/01ZPdZC0 [10/19]
無理ェ・・・すまん
続き投下するよ!

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:07:09.66 ID:/01ZPdZC0 [11/19]


    *      *      *


(*゚ー゚)「ギコ兄ちゃん、だっこしてー!」

(,,゚Д゚)「やだよ。一人で歩けよゴルァ!」

(*;ー;)「うっうっ……」

(,,゚Д゚)「わ、わかったよ。ほら来いよ」

(*゚ー゚)「わーい!」

(,,゚Д゚)「やれやれ……しぃは子供だなぁ」

(*゚ー゚)「しぃ、子供でいいもん。
    だって、お兄ちゃんにだっこしてくれるから!」

(,,゚Д゚)「……へん。そんなこと言われたってうれしくなんかないや」

(*゚ー゚)「お兄ちゃんのうそつきー。あははは!」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:08:35.68 ID:/01ZPdZC0 [12/19]



(*; -;)「おにいちゃん!!」
(,,゚Д゚)「しぃ!!」

( ・∀・)「よし、これでこの村の幼女は全てか。
     城まで連れて行き、予定どおり生贄として捧げるのだ」
(,,゚Д゚)「お前! しぃを返せゴルァ!!」
( ・∀・)「なんだこのガキは?
     うっとおしいからどこかに遠ざけろ」
兵1「はっ」
(,,゚Д゚)「クソ、離せゴルァ!!」

(*; -;)「お兄ちゃん! 助けてお兄ちゃん!うわあああん」
兵2「黙れ、このクソガキ!」
(* ー )「……っ!」
兵2「あ、やべ……勢いあまって殺しちまったぜ。
   まあいいや、一人ぐらい減っても気づかれないだろ。放り出してしまえ」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:10:40.56 ID:/01ZPdZC0 [13/19]
静かに横たわるその体を、ギコはゆっくりと抱き起こした。

(,,;Д;)「しぃ……なあ、返事してくれよ……」
それは、何も答えなかった。

(,,;Д;)「ほら、だっこしてあげるから」
それの首が、人形のようにがっくりと折れ曲がった。

(,,;Д;)「しぃ……しぃ……」
名前を呼び続けても、返事はなかった。

これが、これが奴のいう、
モララーのいう“平和”の姿なのか……?

どうしてしぃが死ななければならない?
どうして俺が悲しまなければならない?
どうして人を犠牲にしなければならない?

こんなものが、
こんなものが平和の姿だというのなら、
俺はその平和をぶち壊してやる。

涙を流さなければ勝ち得ない正義など──何の意味もない!

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:12:01.12 ID:/01ZPdZC0 [14/19]
(,,゚Д゚)「がああああああああああああああああ!!!!!!」

ギコは幾度となく戦場を駆け抜けた。
流れ矢が頬をかすめようが、
爆弾が上から降ろうが意に介さない。
毎日が、地獄の日々だった。

(,,メД゚)「ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

ひたすらに、駆ける。
いつしか体には無数の傷跡が出来た。
痛みなど、気にしている暇はない。
ギコは一心不乱に駆け続けた。

(,,メД;)「────────────────────!!!!!!!!!」

手には剣が握られていた。
剣は次第に軽く感じるようになり、次々と新しい剣に持ち替えた。
いつしか剣は、身の丈を超えるほど長大となった。
それを見た戦場の男たちは、一様に目を奪われた。

いつしかギコは、狂戦士(バーサーカー)として恐れられた。
世界、そして天国にまでその名を轟かせるために──

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:13:15.10 ID:/01ZPdZC0 [15/19]

    *      *      *

( ・∀・)「死ね」

モララーは、ギコの額に突きを繰り出した──

( ・∀・)「!!!」

しかし、モララーの剣はギコの額を貫くことなく、遮られていた。

(,,メД゚)「…………」

額ではなく、手のひらに。
甲を突き破っていたが、そのままギコは剣を握り締める。

(;・∀・)「ぐっ……こいつ、どこにこんな力が……」

ギコは、モララーの腕をがっしりと掴む。

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:14:36.83 ID:/01ZPdZC0 [16/19]
(;・∀・)「離せ、この死に損ないが!!」

モララーは、ギコに腕を掴まれたまま、剣をギコの喉に突き刺す。
ギコの口から噴水のように血が湧き出た。
しかし、なおも腕は離さない。

(;・∀・)「化け物め……ッ!!」

モララーが鎧を脱いで逃げようとした直後──

(;・∀・)「やめろおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ギコは“竜殺し”でモララーの胴体を真っ二つに切り裂いた。

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:16:21.86 ID:/01ZPdZC0 [17/19]



(,,メД゚)

空が見える。
雲ひとつない晴天。
先ほど行われていた死闘にはまったく不釣合いなほど美しい光景。


モララーは死んだ。
救世主が失われた世界は、今まで以上に秩序が乱れるだろう。


『生き残った者が───正義───』


一体正義とは何なのだろうか。
その答えは、永遠に見つかることはないだろう。
しかし、その時ギコの脳裏にあったのは世界のこれからなどではなく、
草原の真ん中でこちらに手を振っているしぃの姿だった。



fin

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:18:12.32 ID:/01ZPdZC0 [18/19]
支援ありがとうございました
感想とか批評あればお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。