スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)緑のようです


351 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 19:45:46 発信元:210.153.84.108
荒廃した大地に、緑が生まれた。
小さな、とても小さな緑。
誰にも気付かれず、けれど確かに。

緑は生まれた。


ずっと一人だった。
生まれて、力尽きるその時まで。

それを何度も繰り返した。

小さな緑が、生まれて、死んで。
尽きることなく、絶えず連鎖は続く。

何回、何十回、何百回。
繰り返し、繰り返し。

ただ、僕達はまだ生きている。
それだけを証明するために。

352 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 19:50:32 発信元:210.153.84.110 [1/2]






( ^ω^)緑のようです





.



353 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 19:55:20 発信元:210.136.161.6
ちっぽけな意地だった。
いつ諦めてもよかった。
けど。
諦めたくなかった。

諦めたら、無くなる気がして。

確かにあった、僕が、僕達が生きていた場所。
栄華を極めた頃からは、想像もつかない程、荒廃した大地。
けれど、諦めない。 諦められない。

止めれば、楽になるんだろう。
誰にも触れられず、朽ち果てるだけ。

くだらないわがままだって、分かってる。
自己満足以外の何物でもないって。

だから、僕は。

諦めたくないんだ。

354 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:00:15 発信元:210.153.84.15
内藤ホライゾンが、そこを見つけたのは。
ほんの偶然、たまたまだった。

何の気なしに立ち寄った、廃墟。
かつては、隆盛を極めたそこも。
何かが起こったのだろう。

人っ子一人、残っていない。

( ^ω^)「お」

何もない、静謐とした空気だけが漂う、その場所に。

( ^ω^)「……お」

何を感じ取ったのだろう。

( ^ω^)「おー……」

355 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:05:00 発信元:210.153.84.2 [1/2]
内藤ホライゾンという男は、空気だった。
それは、勿論比喩ではある。
いてもいなくても、変わらない。
そこだけは、空気と異なってはいた。
けれど、居場所がない。
家にも、学校にも、どこにも。

出来のいい兄がいる。
優秀な級友がいる。

何をしても、何をしなくても。
自分の存在を示せない。
そんな男だった。

だから、この場所に生きる緑に。
アナロジーを感じたのかも知れない。
誰にも知られず、生きる緑に。

356 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:05:08 発信元:221.30.151.167 [87/89]
 |
 |  ('A`)
/ ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄廃墟から支援は哲学か?

357 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:10:02 発信元:210.153.84.2 [2/2]
( ^ω^)「お!」

初めは、眺めているだけだった。
来る日も、来る日も、飽きることなく。
ただ、眺め続けた。

( ^ω^)「おー」

まだ、生きている。
力強く、しっかりと。
そんな緑に自己を投影していたのかも知れない。

( ^ω^)「おっおー」

しかし、けれど、だが。
内藤ホライゾンという男に、変化が訪れる。

358 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:14:59 発信元:210.153.84.110 [2/2]
きっかけは、些細な事だった。
この地に生きる、緑に取っては。
今まで繰り返してきたこと。
即ち、死。

(;^ω^)「おっ!?」

しかし。その時の、ホライゾンの焦燥は。
言葉では言い表せない程だ。

自分が、死ぬ。
この場所からも、必要とされなくなる。
枯れ逝く緑に、涙を流しながら。
内藤ホライゾンは。

( ;ω;)「……」

目を逸らした。
今まで通り、逃げたのだ。
その場に寝転び、目をつむる。
現実からの逃避。
それが、内藤ホライゾンの本質だった。
この時点では。

359 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:20:03 発信元:210.153.84.117
どれ程、時間が過ぎたのだろう。
それは、分からない。
ただ、内藤ホライゾンが目を覚ますと。

(;^ω^)「………!」

そこには、新たな緑が生まれていた。
死んだはずの、消えたはずの自分がいた。

( ^ω^)「お」

そして、理解した。
そして、決意した。


( ^ω^)「僕がここを守るお」


逃げるのではなく、退くのでもない。
自分を守る為に、痛みに耐えることを。

内藤ホライゾンという男が、生まれ変わる。

360 名前:いやあ名無しってほんとにいいもんですね[sage] 投稿日:2010/10/25(月) 20:24:50 発信元:210.153.84.198
( ^ω^)「お!」

来る日も、来る日も。

生きる緑の世話に終始した。

緑が力尽きる時は、泣き。

生まれた時は、喜び。


この場所に、鮮やかな息吹が芽吹く事を信じて。

内藤ホライゾンは、今日も緑を守り抜く。


終り

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。