スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(  ∀ )雨は止まないようです



249 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:07:58.92 ID:/KxKjMvM0 [4/17]

(  ∀ )「……」

灰色の空から降り注ぐ雨が、

傘もささない、僕の体を冷たく濡らす。

目の前の、ガードレールのふもとには、

死者をいたわる白い花。

僕の心の中にも、同じように雨が降り続いていた。



雨は――止まない――




250 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:10:08.50 ID:/KxKjMvM0 [5/17]






             (  ∀ )雨は止まないようです








251 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:12:03.33 ID:/KxKjMvM0 [6/17]
――

僕たちの出会いは極々単純なものだった。

ノパ⊿゚)「素直ヒートだあああ! よろしくなあああ!」

(; ・∀・)「あ、ああ、よろしく」(声でけえ……)

高校に入学したとき、隣同士の席になったのが始まり。
どこにでもある、ごく普通の出会いの一つに過ぎなかったね。
この時は、僕は君のことを歓迎しがたい存在だと思っていたっけ。

もっと早く、君と仲良くなっておきたかった、
なんて、今さらに思うんだけどね。

252 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:14:07.10 ID:/KxKjMvM0 [7/17]
――

( ・∀・)「あれ? 素直さん、今日の一限古典だよ?
      なんで世界史の教科書だしてんの?」

ノハ;゚⊿゚)「え? マジでか……?
      うおっ! 今日水曜日かよおおおお!」

君はそそっかしいから、よく忘れ物をしていたね。
そして、そのことに気付いた時にはいつもいつもこう言うんだ。

ノハ:-⊿-)人「頼む! 今日一日だけでいい!
        教科書見せてくれないか!」

(; ・∀・)「いや、別に構わないけど……
      こないだも今日一日だけって言ってたような……」

ノハ*゚⊿゚)「すまない! 恩に着るぞおおおおお!」

(; -∀-)「……まあ、いいけどね」

机をくっつけて、一冊の教科書を二人で覗き見るその様を、
周りの友達に、バカップルみたいとからかわれたこともあったね。
君は真っ赤になって否定して、僕はどうしていいかわからず困ってた。

思い返してみると、君のその反応は、
照れ隠しだったのかなあ、なんて思えなくもない。


253 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:16:31.83 ID:/KxKjMvM0 [8/17]
――

ノハ*゚⊿゚)「ケータイ買ったぞおおおおお!!」

( ・∀・)「おー、ようやく買ってもらえたんだね」

健全な高校生にとって、いつの間にやら必須となった携帯電話。
君の親御さんは”お前にはまだ早い”なんて言って、
頑なに君が持つことを反対していたんだよね。

それで、ようやく持つことを許されて、
買って一番に僕に見せびらかして、君は言ったね。

ノハ*゚⊿゚)「あどれす!!」

僕に向かって得意気に携帯を突きつけて、使いなれない言葉を言う。
そんな君の様子が、僕はおかしくてたまらなくて、ついつい吹き出してしまったんだ。

254 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:19:14.28 ID:/KxKjMvM0 [9/17]
ノハ*゚ぺ)「なんだよー、せっかく私がお前のあどれすを、
      栄えあるケータイメモリーの第一号にしてやろうと思ったのに」

(; ・∀・)「ご、ごめんごめん、ちょっとおかしくて……」

拗ねるような声を出しながらも、君は嬉しそうに僕に真新しい携帯を渡してくれたよね。
それで、赤外線機能で僕の携帯とアドレスを交換してから、
君は携帯のアドレス帳を見て、心底嬉しそうな表情を浮かべて言うんだ。

ノハ*^⊿^)「ありがとう!」

今でも目を瞑れば、あの時の君の笑顔がハッキリと脳裏に浮かぶ。

だって、

あの表情を見た時、

僕は君が好きだと気付いたんだから。

255 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:22:01.48 ID:/KxKjMvM0 [10/17]
――

ノパ⊿゚)「――!」

君との出会いから数カ月が過ぎて、
クラスの席替えの話がちらほら出てきた頃、
僕は君を放課後の屋上に呼び出して、自分の気持ちを打ち明けたんだ。

(; ・∀・)「迷惑……かな?」

僕の告白を聞いた後、しばらくの間、君は俯いて黙っていたよね。
何の反応もないことが怖くて、僕は手に汗握りながら、
恐る恐ると聞いたんだ。

君は、そんなことない、って、必死に首を横に振ってから、
顔を上げて言ってくれたよね。

ノハ*;⊿;)「……嬉しい」

そして、涙を流しながら、君は僕に抱きついてきたんだ。
その時の僕にはキスをするなんて度胸はなかったから、
僕の胸に顔を埋める君の頭を、優しくなでることしかできなかったよ。

256 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:24:13.81 ID:/KxKjMvM0 [11/17]
それから僕たちは、他愛もない話で笑いあったり、
二人きりでどこかに出かけたり、
恥ずかしがりながらも、手を繋いで歩いたりと、
どこにでもいるような恋人同士として、楽しい日々を過ごしてた。

あの時の僕は、君が隣にいることが当たり前のことになっていて、
僕が歳をとっても、同じように歳をとった君が隣にいると思っていた。

でもそれは――

大きな間違いだったんだ。

257 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 09:26:23.04 ID:/KxKjMvM0 [12/17]
(; ∀ )「はぁ、はぁ、はぁ……」

君が事故に遭った。

信じたくない報せが僕の元へと届き、
僕は、脇目もふらずに君が運ばれたという病院へと急いだ。

(; ・∀・)「す、すみません!
      今さっき、素直ヒートという子がここに運び込まれたって聞いて――」

息を切らせて、病院の受付に駆け込み、
ぐちゃぐちゃになってる頭の中から何とか言葉を絞り出して、
君の居場所を受付の人に尋ねた。

申し訳なさそうな表情で、看護師さんが僕を案内した場所は、
君の体が安置された、霊安室だったんだ。

258 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 10:00:59.96 ID:/KxKjMvM0 [13/17]
( ;∀;)「……」

先に中にいた君の親御さんに促され、
僕は嗚咽をこらえながら、君の顔にかけられた白い布を取った。

ノハ - -)

ベッドの上で物言わぬ体になった君の顔は、
事故に遭ったのが信じられないくらい綺麗だった。

( ;∀;)「ヒート……僕だよ……」

喉の奥から絞り出した声は、酷く情けない声だった。
だけど、君はもう、応えてくれはしない。

( ;∀;)「あ……あああああああああ……」

僕は君の冷たくなった体に、覆いかぶさるように崩折れた。
君がいなくなってしまったことが、僕には耐えられなかったんだ。

( ;∀;)「あああああああああ……!!」

痛いほどの静寂に包まれていた霊安室に、
僕の泣き声だけが響いた。

259 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 10:05:49.36 ID:/KxKjMvM0 [14/17]
――

あれから一年が経った。
世間では、一年は短いと言われるかもしれない。
だけど、僕にとってその一年は、とてつもなく長いものに感じられた。

(  ∀ )「……」

僕は一つ歳をとって、同い年だったはずの君の歳を追い越してしまった。

事故現場に献花をして、君のことを思う。
いつの間にか空が灰色に染まり、雨が降っていた。

だけど、僕はそこを動くことができなかった。

こんな僕の姿を君が見たらどう思うだろう。
きっと、「いつまでもくよくよするな、前を向け!」と、笑顔で背中を張るに違いない。

でも、僕はまだ歩き出せないんだ。

261 名前:(  ∀ )雨は止まないようです[] 投稿日:2010/09/04(土) 10:08:17.37 ID:/KxKjMvM0 [15/17]

雲の切れ目から太陽が顔を出し、

雨に濡れた、僕の体を優しく照らす。

目の前の、ガードレールのふもとには、

日を受け輝く白い花。

それでも、僕の心の中には雨が降り続いている。



雨は――止まない――




262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/04(土) 10:11:46.60 ID:/KxKjMvM0 [16/17]
>>249>>250>>251>>252>>253>>254
>>255>>256>>257>>258>>259>>261

以上、(  ∀ )雨は止まないようです の投下を終了します。
やっぱ人いない時間にさる喰らうのはきついなあ……

お題をくれた方、ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。