スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突入前のようです


75 名前:突入前のようです1/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:50:17 ID:a3gPrOqg0 [2/11]
暗い物陰から頭を突き出し、周囲に人の気配が無いことを確認すると姿勢を低くして振り返る
そこに居たのは3人の黒装束
現代に生きるプロフェッショナル達である

(,,゚Д゚)「手順をおさらいするとしよう」

静まり返った夜の帳の中、ギリギリ伝わる声量で語りかける


76 名前:突入前のようです2/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:51:10 ID:a3gPrOqg0 [3/11]
(,,゚Д゚)「まずお前が持ってるソイツのピンを抜く。そしてすぐに俺が爆薬を起爆する。そしてソイツを中に投げ入れる。ここまでいいな?」

閃光手榴弾を持った者が軽く頷き、手に持つそれに目をやった
閃光と音響により敵を無効化するそれを悟られる前に使用することで死に至る隙を生み出すことが出来るだろう
味方と、そしてこれから対峙するであろう敵の生死を左右する重責である

77 名前:突入前のようです3/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:52:06 ID:a3gPrOqg0 [4/11]
手に持つキーアイテムから意識がこちらに戻ったことを確認してから続ける

(,,゚Д゚)「次に手榴弾が炸裂したら突入し、立ちすくむか暴れまわるかしている敵を撃つ。一人も撃ちもらさない」

他の3人の目が手に持つ銃に行く
極めて実用的で、装飾どころか無駄すら無い無骨な突撃銃

撃てば弾が出る
人に当たれば負傷、当たり所が悪ければ即死もするだろう
預けられた命の重さを感じるように銃把を握りなおす者もいる

78 名前:突入前のようです4/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:53:13 ID:a3gPrOqg0 [5/11]
(,,゚Д゚)「動く者が居なくなったら、突入した穴から外に出てマンホールに飛び込む。殲滅したらすぐに、だ」

後方にはマンホールが既に口を開けてひっそりと待っている
後に彼らを救うことになるであろう穴が、それこそ地獄への入り口のように

(,,゚Д゚)「いいか、お前らは今から人を殺すだろう。そして全て終わらせて帰る。後に残るのは何事も無い生活とちょっとばかり贅沢な食事。なに、この出来事は忘れてくれても構わない」

らしくない激励を冗談まじりで投げかけ、全ては話し終えたというように手に持つ銃の点検を始める
問題は無いだろうが、癖のようなものだ
周りの者もそれに倣い、故障が無いことを確認する

79 名前:突入前のようです5/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:54:30 ID:a3gPrOqg0 [6/11]
装備は万端である
では人は?

一人一人の目を覗き込む
そこには為すべきことを為す者の意思と、人を殺す暗い光が入り混じっていた

良し
やる
やれる

(,,゚Д゚)「3からだ。1で起爆する。行くぞ」

カウントダウンを始める
カウントガウンが始まる

3

2

1…

80 名前:突入前のようです6/5[] 投稿日:2010/08/27(金) 02:58:56 ID:a3gPrOqg0 [7/11]
以上投下終わり

ミリタリィな妄想を形に…
と思って書いたは良いが長く書けない

スレを立てるのもなぁ…というわけで総合をお借りしました
それでは失礼しました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。