スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(゚、゚トソンの一日はカードで埋め尽くされるようです



888 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:04:22 ID:BHsDA.z.0 [30/42]
(゚、゚トソン「かばんよし」

(゚、゚トソン「定期よし」

(゚、゚トソン「財布よ・・・・し?」

かばんの中にあるのは
パンパンの財布 中身がお札なら
私はどれだけ裕福な暮らしができたでしょう

(゚、゚トソン「これは何とかしなきゃなりませんね」

私はため息をついて今日のことを考えました


(゚、゚トソンの一日はカードで埋め尽くされるようです


889 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:05:05 ID:BHsDA.z.0 [31/42]
(゚、゚トソン「さてどうしましょうか」

財布から出て来たのは

クーポン券、商品券、おこめ券、テレフォンカード
クレジットカード スタンプカード・・・・

まだありますが、手に負えないので今はこれくらいで


(゚、゚トソン「クレジットカードは置いておくとして」

(゚、゚トソン「使えるものは使っておきましょうか」

890 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:06:21 ID:BHsDA.z.0 [32/42]
(゚、゚トソン「これは 期限切れ これは来週まで・・・」

(゚、゚トソン「これは 今日まで・・・ これは無期限」


1時間くらいたったでしょうか やっと一段落ついたので
残りのカードを財布に入れ 町に出ることにしました



(゚、゚トソン「そうだ ミセリに買い物を付き合せましょう」

891 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:07:02 ID:BHsDA.z.0 [33/42]
さっそく電話ボックスに入り使いかけのテレフォンカードを
電話の溝に滑らせて電話をかけました

(゚、゚トソン「テレフォンカードを使うのも久しぶりですね」

間違って百円玉を入れて何度損をしたことでしょう
ちなみに使ったカードの絵柄はブーム君でした

ミセ*゚ー゚)リ「はい 美芹です」

(゚、゚トソン「買い物に付き合いなさい」

ミセ*゚ー゚)リ「えー」

当然の反応ですね

(゚、゚トソン「昼食はおごりだと言っても?」

ミセ*゚д゚)リ「マジで?いくいく!」

これも当然の反応ですね

892 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:07:44 ID:BHsDA.z.0 [34/42]
(゚、゚トソン「さあ、片っ端から潰していきましょう」

ミセ*゚ー゚)リ「今潰れてるのはトソっちの胸だけだね」

ゴン

ミセ*;ー;)リ「トソっちがぶったぁー」

ミセリには炎の鉄拳を受けてもらいました

893 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:08:29 ID:BHsDA.z.0 [35/42]
(゚、゚トソン「まずは・・・スーパーですね」

ミセ*゚ー゚)リ「はいよー」


(゚、゚トソン「お次は・・・パン屋です」

ミセ*゚ー゚)リ「おうともよー」


(゚、゚トソン「次は・・・・コーヒーショップです」

ミセ*゚ー゚)リ「いい香りー」


(゚、゚トソン「次は・・・服屋です 飛ばしますよ」

ミセ;゚ー゚)リ「えええ」

服が似合わないからではありません
こういうところのスタンプは溜まりにくいのです ええ

894 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:09:39 ID:BHsDA.z.0 [36/42]
炎天下でこれだけ歩くと流石に疲れますね




(゚、゚トソン「お昼にしましょう もちろんマックです」

ミセ*゚ー゚)リ「マックかい」

(゚、゚トソン「何かご不満でも?」

ミセ*゚ー゚)リ「別に・・・」

895 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:10:52 ID:BHsDA.z.0 [37/42]
(゚、゚トソン「そろそろ帰りましょうか」

ミセ*゚ー゚)リ「へーい」よっこいしょ

ミセリは力持ちですね
まあ文句言った後にガン飛ばしたのは私ですが
帰り道、結構カードを使えて満足していると


ミセ*゚ー゚)リ「そういえばさ」

896 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:11:35 ID:BHsDA.z.0 [38/42]
ミセ*゚ー゚)リ「杉浦くんとはどうなってんのさ」

(゚、゚トソン「別にどうとも・・・・」

ミセ*゚ー゚)リ「あんときは私の恋の炎がどうたらこうたら」



(゚、゚トソン

(////トソン ボンッ

(////トソン「忘れてください 黒歴史です」

898 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:15:19 ID:BHsDA.z.0 [39/42]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミセリと別れた後、少し考えながら歩いていました

家に着きカードをポケットから出します
私の家はマンションでカードキーなのです



(゚、゚トソン「ふぅ」

(゚、゚トソン「今日は大変な一日でした」

(゚、゚トソン「それにしてもミセリは・・・」

(゚、゚トソン「せっかくですし杉浦くんに手紙でも書きましょうかね」

(゚ー゚トソン「そういえば、はがきもカードの一つですね」

899 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/24(火) 21:16:04 ID:BHsDA.z.0 [40/42]
(゚、゚トソン「私の恋の炎は消えていませんよ!」

今度はミセリのいないことをちゃんと確認して言いました
私は買ったばかりのコーヒーを飲みながら
恋人に手紙を書くことにしました





(゚、゚トソンの一日はカードで埋め尽くされるようです 終わり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。