スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族ごっこ のようです


565 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:27:12 ID:7erDH6zc0 [2/17]
37本目いきますよ

  .,、
 (i,)
  |_|



家族ごっこ のようです

566 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:28:01 ID:7erDH6zc0 [3/17]
∬´_ゝ`)「ねぇ弟者、新色のマニキュア買ったんだけど、ちょっと色ケバいかしら」

(´<_` )「さあ。それぐらいの色の爪なら町とかで普通に見かける気がするけど」

l从・∀・ノ!リ人「綺麗なのじゃ!妹者にも塗ってほしいのじゃ!」

∬´_ゝ`)「あら、妹者にはこっちの淡いピンクの方が似合うんじゃない?」

 彡⌒ミ
( ´_ゝ`)「どれどれ、私にも見せてごらん」

∬´_ゝ`)「もう、父者は見たって分かんないでしょー」

 彡⌒ミ
(;´_ゝ`)「ひ、ひどい……」

∬´_ゝ`)「ほら妹者、塗ってあげる。じっとしててね」

l从・∀・ノ!リ人「わぁ!ありがとうなのじゃ姉者!」

∬´_ゝ`)「……よし、できた」

(*´_ゝ`)「おお、似合うぞ妹者!」

567 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:28:45 ID:7erDH6zc0 [4/17]
l从・∀・ノ!リ人「かわいい?」

(*´_ゝ`)「最高に可愛い!」

(´<_` )「可愛いよ」

l从・∀・ノ!リ人「えへへ、ブーン先生にも見せたいのじゃ!」

∬´_ゝ`)「そうね、先生きっと驚くわよ」

( ´_ゝ`)「そうだな。じゃあ弟者、妹者を外に連れていってくれるか?」

l从・∀・ノ!リ人「ちっちゃい兄者とお散歩なのじゃ!」

(´<_` )「はいはい。よし、おいで妹者」

( ´_ゝ`)「いってらっしゃい」

兄者から手渡された妹者を抱きかかえ、俺は部屋を後にした。

570 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:29:32 ID:7erDH6zc0 [5/17]
(´<_` )「……はぁ」

俺は一つ溜息をつくと、両手で抱いていた女の子の人形を片手に持ち替え
ブラブラと振りながら通路を歩いた。
先ほどまで無邪気に笑っていた人形は、今は固まった笑顔のまま黙って俺に揺られている。

白い廊下を渡り、兄者の担当の医師の元へ向かう。
兄者がこの病院に入院してからずっと面倒を見てくれている先生だ。

(´<_` )「こんにちは、ブーン先生」

( ^ω^)「あ……弟者君かお?こんにちは」

先生はいつものにこやかな笑顔で俺を出迎えると、近くの椅子に座るようすすめてくれた。

571 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:30:16 ID:7erDH6zc0 [6/17]
( ^ω^)「それで、今日の兄者君の様子はどうだったお?」

(´<_` )「相変わらずですよ。カツラをかぶったりマニキュア塗ったり人形と喋ったり」

少々うんざりした口調の俺の言葉に、同情の入り混じった寛容な笑みを浮かべる先生。

( ^ω^)「それでも最近は兄者君、調子が良いみたいなんだお」

(´<_` )「そうですか」

それから、机上にあったリモコンを取ってテレビの電源をつける。

( ^ω^)「昨日部屋で行ったセッションの様子だお」

画面には、一人で女物や禿頭のカツラをかぶったり、俺が今手に持っている人形を操って幼い少女を演じている兄者の姿が映し出された。

先ほどまで部屋で見ていたのと同じ光景だ。
そして部屋の中心、『役』を演じるのに必要な小道具に囲まれた兄者に
ブーン先生が語りかけている。

573 名前:家族ごっこ のようです(名前欄統一するの忘れてました)[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:31:40 ID:7erDH6zc0 [7/17]
『ほら妹者、先生にあいさつは?』

人形を先生に向け、お辞儀しているように動かしてみせる兄者。

『先生、こんにちは!』

人形の声になって明るく挨拶をする兄者。

『こんにちは妹者ちゃん。ちゃんと挨拶ができて偉いおね』

先生に褒められ、顔を綻ばせる兄者。

『えへへー』

人形の頭を優しく撫でてやる兄者。

『よしよし、妹者はいい子だなー』

すると急に禿頭のカツラをかぶって、大人びた声色でいそいそと挨拶をする兄者。

『先生、いつも息子がお世話になってます』

『いえいえ。
それで、今日は新しく兄者君に処方する事になる薬の事なんですが……』

574 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:32:34 ID:7erDH6zc0 [8/17]
(´<_` )「まるでごっこだ」

周囲に散らばる小道具をつけたり外したりして、それぞれの役を演じる兄者を見ていると
幼い子供がするごっこ遊びにしか見えなくて、思わず口に出す。

( ^ω^)「本当にごっこなら可愛いもんなんだけどおね」

セッションの様子を撮影したビデオを停止させながら、ブーン先生が苦笑した。



解離性同一性障害。
一般的に多重人格と言われる疾患だ。
兄者はその治療の為にこの精神病院にもう何年も入院している。

最初にブーン先生から説明を受けたところによると、
兄者の中には自分の他に『父』『姉』『妹』の複数の人格が存在していて
それら一人一人がそれぞれの役を演じ、架空の家族を形成しているらしい。

TVのドキュメンタリーや本なんかでたまに取り上げられるその話題に
興味本位の好奇心を抱いた事は何度かあったが、
まさか身内が、自分の双子の兄がそれを患うなんて。

575 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:33:29 ID:7erDH6zc0 [9/17]
( ^ω^)「前にも言ったけれど、兄者君のように、人格の交代に伴ってその都度
      容姿を変えるというのは極めて珍しいケースなんだお」

(´<_` )「はあ……」

その珍しいケースとやらのせいで、兄者の症状はますますタチが悪い。
兄者ももう子供とは言いにくい年だ。
いい年した男が、ブロンドのカツラをかぶって爪にお気に入りのマニキュアを塗ったり、
小学生の子が大事にするような女の子の人形でお人形遊びをするのだから
傍から見ていると、絶望的にいたたまれない気持ちになってしまう。

576 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:34:26 ID:7erDH6zc0 [10/17]
(´<_` )「先生、やはり兄者の、家族が欲しいという願望が多数の人格を生みだしたんでしょうか」

( ^ω^)「そうだおね。何せ兄者君はずっと天涯孤独の身……あっ」

身内である俺の前でそう言う事にきまり悪さを感じたのか、ブーン先生は慌てて口を閉じた。
その反応に俺は苦笑する。

(´<_` )「いいんですよ。
      幼少時に母親に捨てられて、兄者に俺以外の家族がいないのは事実ですから」

( ^ω^)「……そう、だおね」

(´<_` )「確かに、兄者はいつも本当の家族を欲していました。
      それがこんな形になって現れるなんて、思いもしませんでしたけど」

577 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:35:40 ID:7erDH6zc0 [11/17]
( ^ω^)「それは運が悪かったとしか言いようが無いお。
      でも本人も渡された薬はきちんと服用しているし、
      病気を治そうという意思は確かにあるお。
      最近のセッションの様子を見ても、今は良い傾向にあると言っていい」

(´<_` )「そうですか……」

( ^ω^)「このまま治療を進めていけば、社会復帰できるようになる望みは着実に出てくるお。
      まだ時間はかかると思うけど、頑張っていこうお」

(´<_` )「はい。ありがとうございます、先生」

先生にお辞儀をして、診察室を後にする。

578 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:36:46 ID:7erDH6zc0 [12/17]
兄者の部屋の前まで来ると、今まで片手でブラブラと振って歩いていた人形を
大事そうに両手で抱きかかえる形にして、ドアを開いた。

部屋の中心に座っていた兄者が振り向き、俺と人形の姿を確認して笑みを浮かべる。

( ´_ゝ`)「おかえり弟者。妹者も」

(´<_` )「ただいま兄者。今、少しだけ先生と話をしてきたんだ」

そう言って、手に持っていた人形を兄者に手渡す。

( ´_ゝ`)「散歩、楽しかったか?妹者」

l从・∀・ノ!リ人「楽しかったのじゃ!」

(*´_ゝ`)「そっかそっか。よかったなぁ」

579 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:37:28 ID:7erDH6zc0 [13/17]
人形に喋らせ、人形と会話をしている兄者を見ていると、どうしようも無く悲しくなる。
それでもその感情を悟られないように、俺は表面的な笑みを作った。

(´<_` )「兄者。先生がな、兄者は以前より良い傾向になってるって言ってたぞ。
      時間はかかるだろうが、ゆっくり治していけば良いってさ」

(*´_ゝ`)「そうか。退院できる日が来るのが楽しみだな!」

∬´_ゝ`)「兄者が退院したらみんなでお祝いしましょうね」

自分の今の状態も分からず、嬉しそうに微笑む兄者。
彼の演じる“父”や“姉妹”も共に、喜びの声をあげている。

それはまるで、本物の仲の良い家族が集まって団欒している、暖かな光景のように見えた。

580 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:38:09 ID:7erDH6zc0 [14/17]
この部屋に散らばるカツラや人形。
今まで何度これらの小道具を燃やして捨ててしまおうとしたか分からない。

だが、たとえ空想とは言え、この団欒の光景こそ兄者が真に求めていた光景だったのだ。
双子の弟として、逆境の中を共に育ってきた自分だからこそ兄者の気持ちが痛いほど分かる。

この病気が本当に治って、現実と戦わなければならなくなった時
架空の家族達を失った兄者は一体どうなるのだろう。
絶望し、打ちひしがれてしまうだろうか。
治らない方が良かったと後悔するのかもしれない。

だが今の現実と、兄者の未来を考えても、このままで良い筈が無い。
もしその時が来たなら、真の家族である自分が彼を支えてやればいいのだ。

( ´_ゝ`)「?どうした?弟者」

(´<_` )「なんでもないよ」

俺がずっと傍にいて、守ってやるからな。
兄者。

581 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:39:52 ID:7erDH6zc0 [15/17]
(*゚ー゚)「あ、ブーン先生。今誰か来ていたんですか?」

( ^ω^)「……弟者君だお。兄者君の事を聞きに」

(*゚ー゚)「ああ、またですか……。
    大丈夫なんですか?患者さん本人に細かく自分の状態を教えたりして」

( ^ω^)「いいんだお。兄者君の人格統合にはまだ時間がかかるお。
      それまで各人格の精神状態を安定させておかないと、治療にも悪影響が出るお」

そう言いながらブーン医師がリモコンのスイッチを押すと、テレビの電源が入り
兄者の部屋に取り付けてあるカメラの、今現在映している映像が現れる。

582 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:40:50 ID:7erDH6zc0 [16/17]
そこには、女物や禿頭のカツラをかぶったり、女の子の人形を操って幼い少女を演じ
そして、鏡に向かって一人喋る兄者の姿が映し出されていた。

『散歩、楽しかったか?妹者』

『楽しかったのじゃ!』

『そっかそっか。よかったなぁ』

『兄者。先生がな、兄者は以前より良い傾向になってるって言ってたぞ。
時間はかかるだろうが、ゆっくり治していけば良いってさ』

『そうか。退院できる日が来るのが楽しみだな!』





弟者は気がつかない。
兄者の演じるお洒落好きの姉の人格が
一度も鏡を使っているのを見たことが無いという事に。

583 名前:家族ごっこ のようです[] 投稿日:2010/08/20(金) 23:41:48 ID:7erDH6zc0 [17/17]
以上で37本目おわりです。支援ありがとうございました

  (
   )
  i  フッ
  |_|

コメントの投稿

非公開コメント

すごいな……レベル高い

弟者も人格の一つってことか
プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。