スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾った携帯のようです


537 名前:拾った携帯のようです 1/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:09:52 ID:L/ZRjbGo0 [4/16]
(,,゚Д゚)「……ゴルァ? 何だあれ」

 目の前の地面に、夜の暗さにまぎれるかのように何かが落ちている。

(,,゚Д゚)「携帯電話……か」

 とっさに周囲を見渡すが、人の気配なんて全く感じられない。

 今日は残業が長引き、もう終電間際の時間。
 落とし主を探してる余裕なんてねーんだが……ほっとくのも気が引ける。

(,,゚Д゚)「仕方ねェ、一度持って帰って見てみるか」




          拾った携帯電話  の  ようです




(,,*-Д-)「プハァー! やっぱ風呂あがりのビールはやめらんねぇなゴルァ♪」

(,,゚Д゚)「あ、そういや携帯拾ったんだっけ」

 ストラップも何もない、黒い二つ折りの携帯。
 テーブルの上に置きっぱなしだったソレを手にとる。


538 名前:拾った携帯のようです 2/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:11:06 ID:L/ZRjbGo0 [5/16]
(,,゚Д゚)「随分とまぁ、シンプルだな」

(,,゚Д゚)「まぁいい、悪いが中を見させてもらうぜっと」

 二つ折りの携帯を開くと、どうやらまだ充電は切れてないようで
 液晶画面がパッと明るくなり、青空を映した待ち受け画像が目に入る。

(,,゚Д゚)「なんだぁ? 外見の割りに随分爽やかな待ちうけだな」

(,,゚Д゚)「見た感じ携帯も随分綺麗だし、買ったばっかなのか?」

(,,゚Д゚)「まぁいいや、とりあえず連絡だな。
     電話帳だったら自宅番号か知り合いさんの連絡先ぐらいあるだろ」

(,,゚Д゚)「悪いが、覗かせてもらうぜ。非常時なんでな」

 ポチポチと、携帯を弄って電話帳を覗く。


 しかし、そこにはたった一件しか登録されていなかった。

539 名前:拾った携帯のようです 3/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:12:38 ID:L/ZRjbGo0 [6/16]
(,,゚Д゚)「……何だこれ」

 思わず声が漏れる。
 たった一件しかないその連絡先の名前が



           『あの世』



 なんて書いてあれば、誰であれそんな言葉が出るだろう。

(,,;゚Д゚)「たちの悪い冗談か何かかゴルァ……」

(,,;゚Д゚)「気味わりぃなぁ」

 そう言って、携帯を閉じる。

(,,゚Д゚)「…………」

 どうしようか、どうしたもんか。

(,,゚Д゚)(……ぶっちゃけて言えば不審すぎるから、明日警察にでも届けた方がいいだろうな)

(,,゚Д゚)(だが……厨2のガキが自宅の電話番号をそんな名前で登録してるだけかもな)

 それに、正直に言えば興味がある。

541 名前:拾った携帯のようです 4/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:14:08 ID:L/ZRjbGo0 [7/16]
(,,゚Д゚)(10中8、9…冗談だろうが、本当にあの世に繋がるんだろうか?)

(,,;゚Д゚)(つーかそもそも、あの世に繋がったとしても誰が出るんだ……?)

 ひょっとしたら、随分前に死んじまった爺ちゃんが出てくるんじゃないだろうな?

(,,゚Д゚)(ま、別に電話したからなにが起きるって訳でもねーよな)

 好奇心に負け、再び携帯を手にとって電話帳を開く。

 短いボタン操作を済まし、電話を耳に当てる。


 トゥルルルルル トゥルルルルル  トゥルルルルル トゥルルルルル

   トゥルルルルル トゥルルルルル  トゥルルルルル トゥルルルルル

        トゥルルルルル トゥルルルルル  トゥルルルルル トゥルルルルル



(,,゚Д゚)「でねぇな、やっぱ冗談かなんか……」

 プツッ

542 名前:拾った携帯のようです 5/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:15:38 ID:L/ZRjbGo0 [8/16]
(,,;゚Д゚)(出た!?)




『今……ら…むかえ…………いく』



(,,゚Д゚)「っ!?」

 ツーツーツーツー

(,,;゚Д゚)「な、なんだゴルァ!?」

 一瞬の事で、何が何だかわからないうちに電話が切れる。
 思わず、そのままの姿勢で固まり、今聞いた言葉を反芻する。

(,,゚Д゚)「…………今から迎えに行く……って言ってたのか?」

 口にした瞬間、ゾクッとした。

 あの世と言う連絡先から迎え……!?


 それはつまり……死ぬって事か……?

543 名前:拾った携帯のようです 6/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:17:09 ID:L/ZRjbGo0 [9/16]
(||i゚Д゚)「!? 冗談じゃねぇぞゴ……なっ!!!」

 思わず携帯を睨みつけて叫ぶが、途中言葉が詰まる。



(||i゚Д゚)「……な…なんなんだよコレ!!」

 電話が切れた事で、携帯の液晶が待ちうけ画面に戻っているのだが
 青い空が映されたその画像の中に、さっきまでなかった明らかな黒い染みがあった。

 よく形が見えず、顔を近づけ、その画像をじっくりと見る。




【+  】ゞ )




(,,;゚Д゚)「……………っ!」


 真っ黒の棺と、その中から覗く真っ白の頭蓋骨



 その姿は、まるで…………死神だった。

544 名前:拾った携帯のようです 7/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:18:49 ID:L/ZRjbGo0 [10/16]
(||i Д )「うおぉぉおおおおぉおぉぉっ!?」

 急いで窓を開け放ち、そこから携帯を全力で投げ捨てる。

(,,; Д )「はぁっはぁっ!!」

(,,; Д )「見間違いだ! あんなもん、なんかの間違いだ!」

(,,; Д )「残業があって疲れてたからあんなもん見たんだ。もう寝よう、寝ちまおう」

545 名前:拾った携帯のようです 8/8[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:20:32 ID:L/ZRjbGo0 [11/16]
翌朝

 ピーポーピーポー

(,,-Д-)「ん……?」

 ピーポーピーポー

(,,っД゚)「うるっさいなゴルァ……」

(,,゚Д゚)「……サイレン?」

 その音に妙な胸騒ぎを覚え、寝ぼけ眼のまま外に出る。
 すると、家のすぐ近くに救急車が止まっており、担架で人が運ばれている最中だった。

(,,゚Д゚)「あ…………」

 そこで、俺は見てしまった。



 担架からはみ出た手が持っている、ストラップのない真っ黒な二つ折りの携帯電話を。



(,,゚Д゚)(もし、昨日、あの携帯を俺が投げ捨てなかったら……)

(,, Д )(死んでいたのは……)

546 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 22:21:26 ID:L/ZRjbGo0 [12/16]
35本目の話は以上でござる
支援さんこすちゃん

  (
   )
  i  フッ
  |_|

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。