スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲鬱ドクオの怖い話

644 名前:稲鬱ドクオの怖い話 1/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 01:58:06 ID:AZRYjvz.0 [2/10]
    .,、
    (i,)
('A`)っ|_| 皆さん初めまして、そしてこんばんわ、絵も作品の一つと言うわけで、六本目のロウソクを担当する稲鬱ドクオです。

('A`) これからお話しをさせてもらう訳ですが、実はこう見えて昔は引きこもりだったんですよ。
    え? 死人みたいな面で似合いすぎ? ははは、またまたご冗談をw

('A`) ともかく、今日はその時に体験した、恐ろし~い話を皆さんに聞いてもらおうと思いましてね。




                      稲鬱ドクオの怖い話

                        『音のする橋』



645 名前:稲鬱ドクオの怖い話 2/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 01:59:11 ID:AZRYjvz.0 [3/10]
('A`) あれはあたしが高校二年生の時だったかな。
    当時クラス替えのせいで、仲の良かった友達と見事にクラスがバラバラになっちゃったんだ。
    元々が引っ込み思案な性格でしょ? 知らない人ばっかりのクラスに馴染めなくてね。

('A`) そうなるとクラスに必ず居る不良が目をつけるもんで

('A`) 「おいドクオ、パン買って来いよ」なんて使いっぱしりをさせられた訳ですよ。
    一度こう言う事が起きちゃうと、後は雪崩のようなもんでしてね。
    あたしが家に引きこもるのも時間の問題でした。

('A`) そしてあたしは引きこもりになってからと言うもの、一つの趣味が出来たんですよ。

('A`) 高校に入った時に買ってもらった自転車があるんですが
    引きこもりの癖に夜中に家を飛び出しては、そいつでもってあちこち走りまわるってなもんで

('A`) 見慣れない道を走るのは非常に胸がわくわくして楽しかったもんですよ、ええ。


('A`) 今考えてみれば、人目を避けてストレスを発散したかったんでしょうねぇ。

646 名前:稲鬱ドクオの怖い話 3/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:00:36 ID:AZRYjvz.0 [4/10]
('A`) で、その日もいつものように夜中に家を飛び出して、知らない道へと走っていったんです。

('A`) どれぐらい走ったかな?
    気がついたら、うちの近所にはない大~きな川に沿った、狭~い道に出たんですよ。
    「こんな川うちの近くあったかなぁ?」なんて思いながら、ジィーコジィーコ ペダルをこいでたんですよ。

('A`) そしたらその内、遠くにやたらとでかい橋が見えるんだ。
    それでピ~ンと来た。その橋ってのがね、うちよりちょっと離れた川にかかってる有名な橋だったんですよ。
    車線が片側三車線もあるって言う、そりゃ~立派な橋で、昼間はトラックが何台も通るような橋なんです。

('A`) でもその橋、それで有名なったんじゃ~ないんだ。
    その橋はね、出るって噂で有名な橋だったんだ。
    それもちょうど今! あたしが走ってるこの夜中に出るって言うんだ。

('A`) どんな噂かって言うとね。

('A`) 車もあまり通らない真夜中に、その橋を通りがかった人が
    ガッガッガッガッ……って何かを打ち鳴らす音がするって言うんだ。
    それで、その人がまた別の夜に橋に来た時も、ガッガッガッガッって音がしたらしい。

('A`) そんな事が何度も続いたもんで、いつの間にかその橋は「音がする橋」なんて呼ばれるようになったんだ。
    あたしも話だけは知ってたんだな。

647 名前:稲鬱ドクオの怖い話 4/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:02:11 ID:AZRYjvz.0 [5/10]
('A`) で、その話を、川沿いを走ってる最中に思い出したもんだから、もう気が気じゃない!
    しかもいつの間にかその橋がもう目の前に来てるんだ!

('A`) うわぁ、もしその話が本当だったら嫌だな~怖いな~なんて
    内心冷や冷やしながら、何でもない振りをして引き返そうと思ったんだ


('A`) でも……その時



('A`) ガッガッガッガッ!  ガッガッガッガッガッ!!



('A`) って、打ち鳴らす音が橋から響いてきたんだ!
    うわぁ本当だった~! この橋は本当に出るんだ~!! ってもう頭の中がこんがらがっちゃってね

('A`) その日はどうやって帰ったか覚えてないんだけど、気がついたら布団の中で寝てましたよw

648 名前:稲鬱ドクオの怖い話 5/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:03:34 ID:AZRYjvz.0 [6/10]
('A`) で、それから何日かは夜中の趣味もやめて、完全に引きこもっちゃたんだけど
    時間が経ったら気持ちも落ち着いてきてね、恐怖なんてコロッと忘れて
    また夜のサイクリングにでかけたんだな。

('A`) いつものようにジィーコジィーコとのんびり夜の街をサーッと走っていく。
    そうすると次第にこないだの事を思い出して来てね
    「あれは夢だったのかも知れない」と思って、よせばいいのに確かめたくなってきたんだ。

('A`) なんだか気になる。無性に気になる。
    いてもたってもいられなくなって、あたしはついにあの橋にまた行っちゃったんだ。

('A`) それで橋の近くに差し掛かったんだけど
    聞こえてくるのは シャーーーー って言うあたしの自転車のタイヤの音だけ
    後は静かなもんだった。……でも

('A`) ガッガッガッガッ! 橋のすぐ側に来るとまたこの音がした!
    でも今度はあたしも多少の覚悟があったもんで、気が動転するまでは行かなかったんだな。

('A`) あたしは自転車を止めて、その場に留まってしばらくその音を聞いてたんだ。
    ガッガッガッガッ! ガッガッガッ! ガッガッガッガッ! ガッガッ!
    音は時々止まったりしたけど、何度も何度も何かを叩いてるようだった。

('A`) あたしは一体この音の正体はなんだろう?
    本当にその……幽霊の仕業なのか? って言うのが疑問になったんですよ。

('A`) そうなって来ると「ここまで来たら確認するしかない!」なんて言う
    変な義務感? みたいなのが沸いちゃって、自転車をそこに置いて橋の下に降りて行ったんだ。

649 名前:稲鬱ドクオの怖い話 6/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:05:11 ID:AZRYjvz.0 [7/10]
('A`) ガサッガサッ って雑草を踏みしめながらゆ~っくりと
    辺りを注意しながら降りていくんだけど、その最中もやっぱり
    ガッガッガッガッ! ガッガッガッガッ! って音がしてるんだ

('A`) それも橋の下に近づくにつれて音が大きくなってる!
    これはやばいぞ~、絶対に何かいる! 間違いなくこの下に何かがある!

('A`) そう思うと心臓がドキドキして来ましてね。
    もう顔中冷や汗でビッショビショですよ。

('A`) それでも、ここまで来たらもう後には引けない。
    音がいっそう大きくなる中、あたしはその橋の下をバッ!って覗きこんだんだ

('A`) そしたら…………


('A`) 上も下も真っ黒い服を着た人が、バットで何度も何度も橋脚を叩いてたんだ。

('A`) 橋脚ってのはね、橋から地面に伸びてる、橋を支える柱の事ね。
    それの同じ柱の同じ所を何度も何度も、バットで打ち据えてるんだよ。
    その度にガッガッガッガッ ガッガッガッガッって音が響くんだ

('A`) 何て言う事はない。音の正体は幽霊なんかじゃなくて、どこかの誰かが橋脚を叩く音だったんだな。
    そうと分かると、さっきまでの怯えてた自分がバカみたいに思えてきちゃった。

('A`) ……でも待てよ? こんな時間にバットで一心不乱に橋脚を叩くコイツは
    一体どんな理由があってやってるんだ。 な~んか興味が沸いてきた。

('A`) 相手が人間って分かったのと、夜で自分の姿が分かりづらいってのもあって
    この時のあたしは妙に気が大きくなっちゃってたんだな。

650 名前:稲鬱ドクオの怖い話 7/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:07:05 ID:AZRYjvz.0 [8/10]
('A`) なーんの疑問の抱かずにその誰かに向かって「ねぇ! 何でそんな事やってんの!」
    って声をかけちゃったんだ。

('A`) そしたらソイツは一瞬だけこっちを向いたようだったんだけど
    すぐにまたバットでガッガッガッガッって橋脚を打ちつけ始めたんだ。

('A`) 人が話しかけてんのに無視しやがって、何なんだコイツは!
    そうムカついたあたしは、ソイツに近づいてもう一回「何やってんのってば!」
    って聞いたんだ。

('A`) そしたらソイツ……男だったんですけどね、その男がバットで叩くのをやめて
    こっちをジィ~~っと見た後、壁に向かって指差したんですよ。
    多分、見ろって事なんだろうなぁって思って、あたしはそこを見てみたんです。

('A`) その男が夢中になって叩くようなものがあるのか。
    あたしが目を凝らしてその場所を見つめてみると、な~んか書いてある。
    でも暗くてよくわからない。

('A`) それでも街灯や月明かりを頼りにジ~っと見て、やっと読めたんだ。
    そうしたらなんとそこには……




      ________________
('A`)  |ぬ                     |
     |          る           |
     |                   ぽ  |
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
('A`) って書いてあったんですよ。

651 名前:稲鬱ドクオの怖い話 8/8[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:08:43 ID:AZRYjvz.0 [9/10]
('A`) 訳がわからなかったんだけど、その文字を見てるとどうしても叩きたくなる衝動に駆られてきた!
    あたしはそれが怖くなって、逃げ出すようにして家に帰りました。

('A`) それからしばらく経って、夜中にまたあの橋にいってみると、音はしませんでした。

('A`) 風の噂で聞いたんですが、そのバットで打ちつけていた男
    ある日「ぬるぽ」と言った瞬間、3tトラックがガッと突っ込んできて轢かれたそうです。
    即死だったみたいですよ。

('A`) あの言葉はなんなのか、今でもわかりません。
    でも、もしあの時あの文字をガッと叩いて居たら、あの男のようにいつかあたしが……

('A`) 今でもガッと言う音がすると、誰かが我慢できずにあの言葉を言ってしまったんじゃないかと
    そんな風に思ったりします。


('∀`) 皆さんも、間違っても口に出さないで下さいよ。
     どうなったとしても……あたしは責任もてませんからねw



('A`) それでは、稲鬱ドクオでした。

     (
     )
     i  フッ
('A`)っ|_|

652 名前:語り部[] 投稿日:2010/08/07(土) 02:12:18 ID:AZRYjvz.0 [10/10]
以上で終了でござる、やっぱホラーといえば稲川淳二なので
語りスタイルと彼っぽい口調でやってみた。


ついでに、言い忘れてた語り部メモ。
さすがに朝七時になんて起きらんないから、終了は適当に! ゴメンネ!

次の挨拶は、二日目開幕の時にやるよ!

それじゃおやすみ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。