スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ロッテン・ロンロウの作り歌のようです


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:49:49.14 ID:vv+QEbuB0





僕はロッテン ロッテン・ロンロウ

僕は一体 誰だろう

僕はロッテン ロッテン・ロンロウ

知らぬ間 一人 くるくるり






2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:51:43.71 ID:vv+QEbuB0
歌一つ「メリーゴーラウンド」



影も無い白の世界に メリーゴーラウンドは置かれているのさ
僕はそこに少年を置き 僕は歌を歌ってあげた


( ^ω^)「あの、ここはどこですか?」


困った少年 僕に話しかける 僕はずっと 聞こえないふり
僕はかまわず歌い続けた

#「真っ白世界に ぽつんと置かれた」

#「メリーゴーラウンド 一人で回せ」

#「さあさ 一人の少年と」

#「ゆっくしてな ゆっくりとおし」

#「たった二つの御馬に乗って」

#「回らぬ機械を 回しておしまい」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:52:55.40 ID:vv+QEbuB0


( ^ω^)「あなたは誰ですか?」


#「僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「目が見えないけど 見えてるよ」

#「ほらほら早く 回しておしまい」

#「君はどこへも 帰れない」


少年 僕の言うままに
メリーゴーラウンドの 御馬に乗って くるくるくるくる回りだす
御馬が一つ 埋まったけれど も一つ御馬は 埋まらない

二つなくても回ってる けれども一つは埋まらない


( ^ω^)「こうしていれば帰れるんですか?」


#「帰ろ 帰ろと言わずとも 君はここに いるのかい?」


( ^ω^)「意味が 分かりません」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:54:09.23 ID:vv+QEbuB0


#「それでは僕は 一つ問う」

#「帰る場所が あると思うのかい?」


帰れないからここにいるのさ そうさ君は 迷子ですらない
僕はずっとここにいたけど 君はさっき来たばかり


( ^ω^)「ところであなたは 一体どこにいるんですか?」


#「僕は姿を見せないよ 僕はあるけど 君には見えない」

#「見えないんじゃなく 見ていない」


僕はメリーゴーラウンドを もっともっとと回し続けた

少年一人 ぐるぐる回る 僕が止めなきゃ 止まらない






5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:55:03.53 ID:vv+QEbuB0





(  ω )「うわあ うわあああぁぁああ うわああぁあぁあぁああああぁぁあぁぁあぁ」




メリーは回り続けてる 少年一人 乗せたまま
ずっと ずっと 回り続けて ずっとここにいたらいい

#「さよなら少年 君はいた ここにいた」

#「ここにずっと いるしかない」

#「さよなら少年また今度」

#「僕は次に 行かなくちゃ」




少年一人取り残し 埋まった御馬と 埋まらぬ御馬

回り続けて一つになった




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 00:59:49.90 ID:vv+QEbuB0

―では、ロッテンさんの最新の絵本の情報です

―あの有名な絵本作家、ロッテンさんの最新の絵本が発売されました

―タイトルは「メリーゴーラウンド」

―まさに童話、といった可愛らしいタイトルですね

―ではさっそくロッテンさんにインタビューしてみましょう






―ありがとうございました

―では皆さん、是非一度ロッテンさんの世界観に浸ってくださいね







7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:02:10.34 ID:2wHEO+Nj0
雰囲気が素敵

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:07:05.19 ID:vv+QEbuB0
歌二つ「ダンスホール」



おやおや今度は 少女が一人


ξ゚⊿゚)ξ「ここは一体どこですか?」


かまわず僕は歌い続ける
赤い世界の真ん中で 少女は一人 立っている

#「踊れや踊れ 赤い靴」

#「君は赤い靴を履き 一人で延々踊るのさ」

#「ほらほらここは 踊る場所」

#「踊り子一人 踊るのさ」


ξ゚⊿゚)ξ「何を 言っているんですか?」


赤い世界に赤い靴 僕の歌に ピッタリだ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:13:48.97 ID:vv+QEbuB0

#「さあさ僕が歌うから 君はくるくる回ればいい」

#「僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「二人目一人 少年一人 少女は一人」

#「踊ってくれなきゃ 次へ行けない」

すると少女はあら不思議 くるくるくるくる回りだす
不気味な不気味な作り歌 合わせて少女は踊りだす

#「ほらほらやっぱり 踊れるじゃないか」

#「まるで操り人形だ」


ξ ⊿ )ξ「嫌よ 嫌 踊りたくない とめて 止めて 誰か止めて」


少女は嫌々足をける それでも僕は歌ってあげた





ξ ⊿ )ξ「嫌 嫌 嫌嫌嫌嫌嫌嫌ああああああぁぁぁああああああぁぁあああああ」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:16:10.56 ID:9hPzTHgNO
怖いな支援

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:16:39.82 ID:vv+QEbuB0


真っ赤な世界に黒い血が 沢山沢山飛び散った
これは少女の血だろうか それとも誰かの血だろうか

#「それでも僕は 歌うから」

#「さあさお次へ 行きましょう」

僕はロッテン ロッテン・ロンロウ 言わずと知れた 作り歌
次の世界へ 行かなくちゃ










14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:17:41.62 ID:2wHEO+Nj0
怖い……

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:20:40.85 ID:vv+QEbuB0


―えー、次の速報です

―行方不明の少年少女は、今だ行方が分からないまま

―警察は必死の捜索を続けているそうです







―皆さんお待ちかね、ロッテンさんの絵本がまた発売されました!

―タイトルは「ダンスホール」

―興味をそそられるタイトルですね

―私も少し読んでみましたが、やはりロッテンさんと言った感じです!

―では、最新の情報をお伝えしました








16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:22:53.47 ID:2wHEO+Nj0
次の歌もあるんだろうか?

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:28:23.47 ID:vv+QEbuB0
歌三つ「コーヒーカップ」



今度はまたまた少年一人 真っ黒世界に一人きり
僕は一人じゃないからね 君はずっと一人なのさ
遊びの場所の コーヒーカップ 少年そこへと ひきつける

#「おやおや興味がおありです?」

#「僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「さあさくるくる 回ろうか」


('A`)「ここは どこですか」


少年一人 少女一人と 同じことを聞く少年一人
それでもかまわず 歌い続ける

#「さあさお乗り カップへお乗り 遊園地のよう このカップに」

#「中身を注ごうじゃあないか 君が入れば 中身になるよ」

#「熱い紅茶はいかがかな? それともブラックコーヒーで?」





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:30:13.87 ID:2wHEO+Nj0
……ゴクリ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:34:58.25 ID:vv+QEbuB0
ハンドル回し くるくる回る ハンドル離し くるくる回す
少年一人は回ってる 回さなくても回ってる
たった一つのコーヒーカップ 回れや回れ 速くなれ

中身は少年一人きり 回せば回す 中身も埋まる
くるくるくるくるくるくるり。ぐるぐるぐるぐるぐるぐるり。





( A )「う わああ ぁああ ああああぁああ ああああああああああああああああ」





まだまだこれじゃ 終われない
コーヒーカップに砂糖を注げ コーヒーカップを甘くしろ

#「お味はいかが? 少年一人」

#「楽しく 楽しく 回しましょう」

#「僕が歌えば君が回す 僕が歌えば僕が回す」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:38:25.05 ID:vv+QEbuB0

#「君は帰れぬ ここに一人さ」


延々回る 真っ黒な世界で一人きり 回れば回る 僕が歌う

#「隠し味に 赤はいかが?」

僕は絵本を描いている ロッテン・ロンロウ ロッテン・ロンロウ
ほんとに絵本を描いている? それでも僕はロッテン・ロンロウ




君はただの 少年一人






21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:40:05.19 ID:2wHEO+Nj0
こわいこわいって

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:42:40.57 ID:vv+QEbuB0

―速報です

―たった今、少年二人と少女一人が見つかりました

―ですが三人の安否は分からぬままのようです

―犯人は今だ行方知れず…






―またもやロッテンさんの絵本が発売されました!

―今年はロッテンブームが巻き起こりそうです

―成人の私でもすっかりファンになってしまいました

―もちろん私はもう読みましたよ!

―では皆さん、是非読んでみてくださいね








23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 01:53:42.50 ID:vv+QEbuB0
歌四つ「観覧車」



黄色い世界のその先に 一つの大きな観覧車
今度は少女 少女が一人 僕の世界に置かれたよ


川 ゚ -゚)「ここはどこだ あなたは誰だ」


#「僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「さあさ一緒に回りましょ 観覧車に乗り 回りましょ」

不思議な少女は僕に問う それでもかまわず歌ってあげた
少女は黄色い観覧車 観覧車には少女が一人

#「止まることなんてないんだよ 君は一人 僕はいない」

#「さあさ歌おう 回って 踊って 回って 回って」

僕はいないけど 君はいる
だから さあさ 観覧車に乗っておくれ そして延々回っておくれ


川 ゚ -゚)「なんだ これ」


観覧車に乗り 外を見る 外に僕はいないんだ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:01:06.06 ID:vv+QEbuB0
ゆっくりゆっくり回るものは どんどん速く 回ってく
ゆっくり回る観覧車 二人は一人 四人は二人
迷子じゃなくて 置いたんだ 僕がここに 置いたんだ

#「楽しや楽し 回れや回れ」

#「君が見ているその先に どうせ僕はいないのだから」


川 - )「ああああぁああぁ 降りたい ここから降ろせ 早く降ろせ」


回れば回るほど 皆は叫ぶ 僕は喜ぶ 誰にも知られず

だって僕はロッテン・ロンロウ 知っているけど知られていない
僕は回らない 君たちは回る 僕は 回らない




川 - )「あああああああぁぁあぁああぁああぁあぁああぁあぁぁあぁあ」





悲鳴はこだます 叫びは消える
さあてそろそろ 次の歌かな


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:13:32.20 ID:vv+QEbuB0
歌五つ「地球」



回って回って回るにつれて 歌はどんどん速くなる
終わりはどんどん近づいて 終わりはどんどん早くなる
青い世界に二人きり、少年二人が置かれてた
二人は一人 四人は二人 六人は  一人

#「今度は二人 少年よ」

#「皆はいつも聞いてくる 僕が誰か ここはどこか」

#「僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「君たち二人 僕はいない」

#「青い世界に二人きり 二人は地球を回すのさ」


( ´_ゝ`)(´<_` )「あなたは誰だ なぜ俺たちはここにいる」


#「あれあれあれれ?言ったよね 僕はロッテン ロッテン・ロンロウ」

#「君たち二人は 一人きり」

今度は地球を回しておくれ 終わりになるまで回しておくれ
一番大きく回りだす 何もかもが回りだす
全てが回り 全てが分かり 全てが始まり 全てが終わる



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:20:13.31 ID:vv+QEbuB0




(  _ゝ )( <_  )「ああああああああああああああああああああああああああああ」




こんなに早く回りだす 僕は歌う 地球は回る

僕はいない ここにはいない 本当はいる ここにはいない

僕は どこにいるんだろう





どうして 僕に置いてと頼んだのは皆なのに どうして皆 嫌な顔をするんだろう

だから僕はいない 絵本作家の僕はいない

どこかにいても ここにいない 皆が僕を 見ていない





それでも絵本を描き続ける


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:26:02.25 ID:vv+QEbuB0

―速報です

―たった今、六名の安否が確認されました

―犯人は特定されており、現在警察は…





―どうやら、ロッテンさんの絵本シリーズの最新作がまた来たようです

―興味を持ってもらうために、少しだけ中身をテレビの前の皆さんにお見せしたいと思います!

―どうですか?これがロッテンさんの作品で・・・・・・・・・
                                             え?









34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:27:23.25 ID:vv+QEbuB0














―さっきまであった中身、何で真っ白なんですか?
















35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:30:09.30 ID:9U4pGB0xO
なんだかスレに書き込むのすらこわい…支援

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:33:18.52 ID:vv+QEbuB0
歌六つ「最初」



僕はロッテン ロッテン・ロンロウ
絵本を描いて 歌歌う


一の歌少年一人きり メリーゴーラウンドでぐるぐる回る

二の歌少女一人きり ダンスホールでぐるぐる踊る

三の歌少年一人きり コーヒーカップをぐるぐる回す

四の歌少女一人きり 観覧車の中ぐるぐる回る

五の歌少年二人きり 地球で回って最後の歌




六の歌

僕はちゃんといた

最初の        歌





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:39:23.04 ID:vv+QEbuB0




#「僕はみんなを連れてきた この世界へとつれてきた」

#「けれども皆 受け入れない」

#「皆が言ったのに だからそうしたのに」

#「拒否して 絵本は 白紙になった」

#「みんなのいのちをたすけたのに」

#「みんなはぼくをこわがった」

#「どうしてどうして ぼくはいたのに」

#「みんなは このせかいたちを こわがった」

#「ぼくはちゃんといったのに せかいにきおくがあるといったのに」

#「けっきょく 六人は六人だった」

#「だれ一人として いっしょになろうとしなかった」






38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:42:06.91 ID:vv+QEbuB0







#「たすけたのに ぼくは犯人とうたがわれることをしょうちで」

#「         えほんをかいたのに         」

#「がんばったのに 歌ったのに」

#「皆はとつぜん 絵本のなかからとびだした」






#「そしてきえちゃった」










39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:43:33.75 ID:vv+QEbuB0














―#「六人の  自殺   を    とめた    の         に     」















42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:51:23.16 ID:vv+QEbuB0
―たった今、あの有名な絵本作家、ロッテン・ロンロウ氏が逮捕されました

―警察の調べによりますと、ロッテン・ロンロウ氏は六人を誘拐、拉致したものとして

―ロッテン・ロンロウ氏の供述を慎重に聞いていく方針のようです

―六人それぞれにも事情を聞いておりますが、六人は何も喋らないままとのこと…



―いやあ、それにしても残念ですねぇ

―まさかあの絵本作家が誘拐なんてことをしでかすとは

―確かあの絵本作家はまだ若いんだろう?

―最近の若い者は本当に狂っているな

―子供に夢を与える絵本作家が少年少女を誘拐しちゃったらどうしようもありませんよ

―はは、そうですね





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:54:24.95 ID:vv+QEbuB0




僕はロンロウ ロッテン・ロンロウ

僕は自殺を助けたよ

僕はちゃんと守ったよ

子供たちが好きだから だから絵本を描いたんだ


だけども皆 僕を見る

冷たい視線で僕を見る

まるで僕が人間じゃないみたいに




僕はロンロウ ロッテン・ロンロウ

僕はきっと人間じゃない

助けた恩も忘れられたまま

僕は一人で いなくなる


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:56:35.86 ID:vv+QEbuB0














きっと今なら   僕が死んでも   誰も悲しまないよね














end

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/08(木) 02:58:50.18 ID:vv+QEbuB0
終わりです。見てくれた方、支援してくれた方ありがとうございました。
短編ですが、ロッテン・ロンロウが狂人だったのか、普通の人だったのかは
想像におまかせします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。