スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)は無限ループに陥るようです

71 名前:('A`)は無限ループに陥るようです[] 投稿日:2010/02/23(火) 20:33:51 発信元:220.98.213.242
 シベリアの長い冬は、読書にうってつけだ。雪と過疎に閉ざされた人々にとって
読書こそが外の世界への扉、最大の娯楽だからだ。

 最近、大都会ヴィップグラードからたくさんの蔵書を携えて、ブーン系の図書館がオープンした。
これは福音であった。人々は新たな図書を求めて連日図書館に殺到した。

 それでも、相当の読書家になるとやはり読了するのも早く、かつ読んでいるうちに
パターンとか仕掛けが分かってしまって刺激に欠けると言うものもいた。

 こんな時は司書に聞くのに限る。ここの司書は、当人の要望に会わせて本を薦めてくれるからだ。

( ^ω^)「いらっしゃいだお。もう読み終わったのかお?」

('A`)「ああ。最近何読んでもさっさと片付けちまう。なんかこう、時間を忘れて読むとか、
   そういうのができねえんだな」

( ^ω^)「そうかお。いい本があるお」



73 名前:('A`)は無限ループに陥るようです[] 投稿日:2010/02/23(火) 20:35:23 発信元:220.98.213.242
 そういって司書のブーンは閉架図書室に行き、やたらと薄い
印刷物を携えてきた。

( ^ω^)「これを読むと、時間が経っているのも忘れるお」

('A`)「こんな薄っぺらい本が、か?こりゃ本というよりもパンフレットじゃねえか」

( ^ω^)「まあ騙されたと思って帰って読めお。さすがのあんたでも、なかなか
      読みきらないお」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはどういう意味?

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
最初に戻る
プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。