スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHYandKILLINGのようです


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 21:59:18.23 ID:qlQtB51O0
SHYandKILLINGのようです

('A`)「ウイイレおもすれー」

ちょっと投下してみる



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 22:01:18.18 ID:qlQtB51O0
プロローグ

人気のないパリの市街地に若い女と中年男が二人
フランスの首都の町で闊歩しているのはなぜかジャポーネ

黒のロングコートの女が赤いマフラーを巻きなおしている

川 ゚ -゚)「パリ、リヨン、ボルドー。どこにも見当たらなかったですね」

ベージュのハーフトレンチの男の顔には疲れが見えている

(;・∀・)「フゥ、まさか手がかりすらつかめないとは……おかしいな、手紙にはちゃんt(ry……」

川 ゚ -゚)「ん?どうしたんですか?」

中年男が懐から取り出したエアメールを若い女がのぞきこんだ

( ・∀・)「クーちゃんごめん、これイギリスからだったわ。てへ(はぁと」

川 # -)

( ・∀・)「あれれ、どったの?」

川#゚ -゚)「この一週間はなんだったのだ、大ばかやろー!」ガシッボカ

中年男は死んだ。スイーツ()笑





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:04:12.69 ID:qlQtB51O0
 ・∀・)「ひ、ひと先ずお茶でもしないか」

赤く腫れた左ほほをさすりながら中年男が言った

川 ゚ -゚)「こんな時間まで喫茶店が開いているわけが……」

窓越しからクーが見た喫茶店の中には

('A`)「やはりコーヒーとニーソックスはブラックに限るぜ」

ウェイトレス「あはは……」

わけのわからない日本語でウェイトレスを困らせている不細工なイエローモンキーがいた

川 ゚ -゚)「あいてたー!」

( ・∀・)「そっちかい!いや、見つけたー!でしょ?」

川 ゚ -゚)「すみません取り乱しました。行きましょう」

二人はあわてて店に入った



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:06:26.28 ID:qlQtB51O0
( ・∀・)「ドクオッッッ!」

ドクオと呼ばれたイエローモンキーと中年男はしばらく見つめあった

('A`)「げぇ、関羽!」

ドクオはコーヒーカップの中身を床にぶちまけた

( ・∀・)「ちがう、モララーだバカ!てめーパリで何やってんだ!」

('A`)「なにって、ナニだよ……」

川 ゚ -゚)「ふざけないでください!いきなりVIPを出て行ったと思ったらこんなところで……」

ドクオはすさまじい形相で迫った来る二人を両手で制した

('A`)「俺さ、フランス5部のアマチュアで監督やってんだ」

二人はあまり信じていないような顔をする


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:09:31.85 ID:qlQtB51O0
('A`)「似たようなこと手紙に書いてるだろ?」

('A`)「俺こんな性格だから、選手と打ち解けるのに時間がかかったけど何とかカップ戦ベスト32まで来たんだ」

( ・∀・)「は?フランスカップベスト32?」

川 ゚ -゚)「嘘ですよね。そんなことありえないし、あったらお祭りものですよ」

('A`)「だからこの辺にはだれもいなかっただろ。向こうのほうでお祭りしてんだよ」

川 ゚ -゚)「なんでドクオさんはいかないんですか?ハブられてるんですか?説明してください」

('A`)「モララーお前の彼女、レンホウ?」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:11:20.25 ID:qlQtB51O0
( ・∀・)「彼女じゃないよ。素直さんとこのクーちゃんだよ。知ってんだろ?」

('A`)「え、あの娘?昔は可愛かったのになー」

川 ゚ -゚)「古今とも不細工なおまえには言われたないけどな」

('A`)「ま、人込みは苦手だからここで子猫ちゃんを見ながらお茶してたのさ」

ドクオが新しくコーヒーを注文しなおす

('A`)「積もる話もあるだろうし、そこ座りなよ」

子猫ちゃんがテーブルい置いて行ったコーヒーは冷めた二人の体を温めた



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:12:48.41 ID:qlQtB51O0
('A`)「なるほど、つまりJ1下位で不振に苦しむVIPの監督にするために俺を連れ戻そうってわけね」

( ・∀・)「助かるよ。そのさりげない説明口調」

川 ゚ -゚)「ぜんぜんさりげなくないけどな」

ドクオが長い前髪をかきあげた

('A`)「そんでそのオファーをするために翌朝同じ喫茶店でクラブオーナーを交えての四者面談ってわけか、てやんでい」

( ・∀・)「くそッ、もっと作者に文才があれば……」

('A`)「ないものねだりしても仕方ないよ。そんなわけでこちらがオーナーです」

/ ,' 3  `「そうです。あたすが変なおじさんです」

川 ゚ -゚)「フランス人のくせにそんなボケしないでください。ドクオさんをVIPにください」

今日もレンホウ議員はまくし立てる


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:14:11.74 ID:qlQtB51O0
/ ,' 3  `「悪いがそのオファーは受けられんな。ドクオとの契約はあと二年残ってるから、二年たったらまたおいで」

( ・∀・)「そんな……」川 ゚ -゚)

モララーとクーは表情を暗くする

/ ,' 3  `「なんてな!ええよ!ドクオニホンカエル!」

(;'A`)「ええーーーーーーーー!!!」(;・∀・)川;゚ -゚)





47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/17(水) 23:18:07.39 ID:qlQtB51O0
>>33-34
>>40-45
以上でプロローグ終了です
ご意見頂戴出来れば幸いです




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。