スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:02:11.67 ID:hVsOokjFO
茹だるような7月の午前10時。わかりやすく言えば2時間目の授業中。
黒板にチョークを撫で付ける耳障りな音を掻き消すように、
突如でかくて耳障りな非常ベルの音が鳴り響く。
しかもこれがまた長い。やかましい事この上ない。

かの有名なアインシュタインは、小さな子供に相対性理論とはどういうものか、と聞かれた時、
『好きな子の事を考える時の時間の進みは早く、熱いストーブの前で堪える時の
時間の進みは遅くなる』事を証明する理論、と説いたそうだが、実にいい喩えだ。
それが相対性理論とどう関わりがあるかなんて俺には理解のしようもないが、少なくとも言ってる事は的確である。

要は楽しい時は時間が早く、かったるい時は遅く感じるという事だが、
果たして今の俺はストーブどころかオーブントースターでも足りないぐらいに時間の経過を緩やかに感じていた。


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:06:08.31 ID:hVsOokjFO
なぜかって、只でさえ長い非常ベルに続いて教頭のダミ声まで黙って聞かなきゃならない上に、
非常ベルが知らせる警報とダミ声が告げる情報その両方が嘘っぱちと確定しており、
なおかつその嘘っぱちに素直に従ってこのクソみたいに暑い中、上履きのままグラウンドまで走り、
最後に炒り粐のような地面に整列し、
これまでの無意味な行為の重要性を語る校長の無駄に長い話を聞くという一連の行為を、
事もあろうか半年と少しもすれば卒業する俺達3年の連中に強いてるんだから。
そりゃあ、時間経過も遅くなるというものである。

『地震により、家庭科室から火災が発生しました。生徒のみなさんは―――』

前置きが長くなったが、つまり今は避難訓練の真っ最中で、今の校内放送の通り、
ちょうど第一ステップである非常ベルが止まり、
第二ステップである教頭のダミ声が響き始めたところだ。

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:09:39.26 ID:hVsOokjFO
それにしても避難訓練というものは、学校におけるいらない行事ベスト3に入る
と言ったら、恐らく首を横に振る奴はほとんどいないだろう。

いるとすれば、運悪く席替えのくじ引きで前から2列目の真ん中の席あたりに引っ越しが決まり、
授業中に居眠りしようものなら教卓に立つ教師に即座に見つかってしまい
白墨を投げられるせいで日中に睡眠時間を確保できないがために、
せめて授業だけでもサボれまいかと自習やら身体測定といった
イレギュラーなイベントを心待ちにしているネガティブかつ不真面目な奴ぐらいなもんだ。

同じく席替えのくじ引きで窓際の後ろから2番目という最高のポジショニングに成功した俺からすれば、
避難訓練なんてミディアムレアの豚ロースに真珠を添えるぐらい没意義で意味のないイベントであり、
従って第三ステップ、つまりグラウンドへの避難から如何にしてエスケープするかという思考に
俺が没頭しているのは至って当然の事である。

するとどうだろうか。もう教頭の避難指示が終わりそうな雰囲気になってやがる。
エスケープの方法を考えるというのは、俺の中で楽しい事に分類されているんだろう。
人間の脳みそというのは実に都合のいい構造になっているらしい。

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:12:32.54 ID:hVsOokjFO
『―――繰り返します。生徒のみなさんは先生の指示に従って速やかに避難してください』

ブチッ、というスピーカーのスイッチがオフになる音を皮切りに、周りの生徒が次々と廊下に出ていく。
俺もその例に漏れず廊下に移動し、他のクラスの連中も混じっての学級大移動の波に乗りながら、
先生の視界に入らない立ち位置を確保する。

俺が考えたエスケープ方法とは、階段を降りる時にこっそり
階段の横のトイレに入ってやり過ごす、というもの。

こういう時はシンプルな方が成功率が高く、実際に俺はあっさりとエスケープに成功し、
トイレの個室で足音が去るのを待ってから教室へ向かって踵を返し、
我がクラスの扉を開け放して教室内を見渡す頃には、グラウンドにて
一様に不満げな面構えを並べながら仁王立ちをしているであろう全校生徒に
当たり障りのない話題からトークを展開する校長の声が、拡声器を通じて教室内まで響いていた。

ああ、当然だが教室の扉に鍵はかかっていない。
こういう時は避難が最優先であり、これから火が上がるという想定の校舎にわざわざ施錠するような、
律儀で用心深い奴はうちのクラスにはいやしない。

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:15:42.76 ID:hVsOokjFO
誰もいない教室を眺めて小さく溜め息をつき、
さてこれからどうやって時間を過ごそうかと考えていた時、不意に後ろから声をかけられた。

(*゚∀゚)「ダメじゃない、戻ってきちゃ。これが本番ならあなた今頃死んでるわよ」

声の方へ視線を取って返すと、俺の後ろに女が立っていた。

学校指定のプリーツとカッターシャツの上に、焦茶色のカーディガン。
化粧っ気はないが大きめの瞳と小さく整った小鼻と唇に、胸元の赤いリボンがよく映えている。

見たことがある。というか俺のクラスの女で、
さらに付け加えると確かこいつは保険委員であり、
故にこいつがサボるのは俺としては感心しないところだが。

(*゚∀゚)「それはお互い様でしょ。急患を保健室へ連れていくのも保険委員の役目だもの」

お互い様はこっちの台詞だ。だいたいこの教室にはどこにも病人や怪我人なんていやしないぞ。
怪我人ならもしかしたら「押さない・慌てない・騒がない」という避難3原則を無視して
逸る気持ちをそのままに避難した挙げ句、階段からすっころんで膝でも擦りむいた阿呆がいるかもしれんが。

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:17:48.97 ID:hVsOokjFO
それか、いつの間にか校長の話が明後日の方向に向かい始めているグラウンドなんてどうだ?
サボってる俺が言うのもなんだが、このクソ暑い中立たされている生徒達はさぞ辛かろうよ。
貧血で今にも倒れそうにしているモヤシっ子なら、探せば一人ぐらいはいるかもしれんぞ。

(*゚∀゚)「大丈夫よ。保険委員はあたし一人じゃないんだし」

言ってることがさっきと全然違うじゃねえか。急患の世話をしろよ。
等と悪態をつく俺の横をすり抜けて、女は窓側の一番後ろの席に陣取った。
つまり、ちょうど俺の指定席の後ろである。

手にしているコンビニ袋の中身を机の上にぶちまけて、
悪戯そうな笑みを満面に浮かべて俺に向かって手招きした。

(*゚∀゚)「今は火災発生から7分45秒。
      …結局、不測の事態に対応できるのは普段から遊んでる奴だけだと思わない?」

言い得て妙だ。
俺は女の言葉に、そんな感想を抱いていた。

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:19:50.38 ID:hVsOokjFO
女の前に腰かけて、広げてあるポテトチップスをつまみ上げつつ、
これらの菓子類は先程の学級大移動中に買ってきたものだという女の話を聞きながら、
さてそろそろグラウンドでの校長の話が終わって生徒が帰ってくるが、
サボっていた事をバレないようにはどうすべきかという俺の次なる課題の攻略法を考えている時に、
ふと己の体感時間の短さに気付いた。

つまり普段から遊んでる奴は常にこういう時間感覚の中にいるからこそ、
体感時間が極端に短くなる不測の事態に直面しても焦らず落ち着いた行動の取捨選択を可能にするのであり、
こんな堕落した避難訓練を百回と繰り返したところでその結果は変わらないだろうし、
結局それが避難訓練の学校におけるいらない行事ベスト3の座を不動のものにしてるんじゃないだろうか。

しかしそれに気付いたのは他ならぬ避難訓練のお陰であり、
またクラスでもそこそこ可愛い部類に入る女子生徒との接点も得られたので、
まだまだ避難訓練も捨てたものではないと認識を新たにしながら、
俺は再開される授業を如何にして早く乗り切るかをまた考え始めるのだった。

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 00:23:02.23 ID:hVsOokjFO
おわり。驚愕読んでたら無駄に回りくどい文章を書きたくなりました。
ちなみに一人称のAAはあえて出さなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。