スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)花一匁 のようです



449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:27:15.26 ID:BEndk5hkO


かってうれしい花一匁

まけてくやしい花一匁


あの子が欲しい

あの子じゃわからん

この子が欲しい

この子じゃわからん


そうだんしよう


( ・∀・)「そうしよう」



( ・∀・)花一匁 のようです



453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:28:02.94 ID:BEndk5hkO

私は 歩いている
手に布と縄をかけられ、薄布を被されて 男に手を引かれている


かかさまは私に、さよならを言った
立派に奉公なさいと

ととさまは何も言わず、右手に銀一匁を握りしめていた

私の手を引いた男は仕立ての良い着物をきりと着こなし、御狐の面で顔の半分を隠していた

( ∀・)「では、商談は成立ということで」

男は面を被り直し、一礼した
私の手を、強く握り締めて


そして私は、歩いている
いくつもの足音と嗚咽と一緒に、歩いている



456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:28:24.11 ID:BEndk5hkO

あの子が欲しい
あの子じゃわからん

この子が欲しい
この子じゃわからん

そうだんしよう
そうしよう


男が童謡を唄う度に


♪かってうれしい花一匁

きぃんと銀一文の音と
嗚咽と足音が増えていく



460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:29:26.21 ID:BEndk5hkO

ある日の道中、滅多に喋らない男が 御話を聞かせてくれた

( ・∀・)「かってうれしい花一匁
これの意味がわかるかい?」

私は首を振る。私の後ろでも、衣擦れの気配がある

( ・∀・)「これはね、『買って』うれしい花一匁 なんだ。花は君達」

( ・∀・)「勿論、競りに『勝って』もあるけどね」

( ・∀・)「花街に高ぁく売る君達を、たった銀一匁で買えたんだ。」

( ・∀・)「おっと。怨むなら僕じゃなくて、こぉんな銀銭で君らを売った親を怨みな。
郭の中でなww」

周りから、啜り泣く声が聞こえる
みんな年端もいかない子供達なのだろう

かかぁ かかぁ… おっかさん おっかさん
とおちゃん ちちうえ…

みな 親を呼んで泣いている



470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:32:52.49 ID:BEndk5hkO

( ・∀・)「♪かってうれしい花一匁
まけてくやしい花一匁」

男は歩く
のらくら歩く
手綱をきつく きつく握り締めて

( ・∀・)「………子供を金で売る親なんて 死んでしまえばいいのに」

ぽつりとつぶやかれた男の声が、深い怨みにまみれていた



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:33:32.19 ID:BEndk5hkO



( ・∀・)「♪きぃまった。どくおがほしい」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ?どくおはおのこですよ?」


( ・∀・)「陰間はたかぁく売れるのさ。茶屋に置くもよし…ま、坊主のが好みそうな顔だがね」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ…」

(;^ω^)「ま、まぁ…ひぃやしゅうを買われるくらいなら……」

( ・∀・)「銀一文でいいかい?」

(;^ω^)「……ちぃと安過ぎやしないかお?」



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:34:18.86 ID:BEndk5hkO

( ・∀・)「何言ってんだ。この娘達も銀一文で手ぇ打ってきたんだ。こいつなんか上玉だろう?」

ξ;゚⊿゚)ξ「……っ」

( ・∀・)「それに、おのこはよく食う。いい口減らしじゃないか」

(;^ω^)「うぅ……」

( ・∀・)「売らねぇってんならいいんだぜ。度してりゃ上玉隠した貧乏なんざ腐るほどいる」

(;^ω^)「まっ、待てお!…………わかったお。ど、どくお!」

(;'A`)「ぁ…あぃ……」

( ・∀・)「…………」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:35:43.21 ID:BEndk5hkO

( ・∀・)「商談、成立でいいかい?」

(;^ω^)「おっ……お…」

( ・∀・)「じゃあ、もらっていくよ」

ちゃりん  銀銭が落ちる

('A`)「……とぉちゃん、とぉちゃん」

(;^ω^)「ど、どくお。元気でやるんだお」

ξ;゚⊿゚)ξ「り、立派になるのよ」

('A`)「……とぉちゃん…かぁ、ちゃん……」

( ・∀・)「……。」

( ・∀・)「さぁさ、いくよ どくおくん」


この日初めて、私の目の前で男の子が買われた



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:36:22.89 ID:BEndk5hkO

その日入った待合茶屋で、私達は初めて被りものを外された
初めての顔合わせに戸惑ったものの、男の号令にならい 男とどくおを皆で囲った

( ・∀・)「やや、随分と増えた。そろそろ広い宿屋を借りた方が良さそうだ」

(;'A`)「ぁ……う…」

( ・∀・)「な、どくお 皆可愛い娘達だろう。お前の仲間だ」

(;'A`)「ぇ……でも、おれ……」

( ・∀・)「だーいじょぶ。この待合茶屋に置き去りにも売っ払いもしないし、陰間にもしない。
お前達も花街になんか売らないんだからな」

男の発言に 娘達はざわつく
散々花街に売られた子の話をしてきたのに、真逆を言っているのだから

( ・∀・)「いいか?こぉんな銀切れ一枚の為にお前らを売る親なんて、親じゃない。
てめぇらの食い扶持の為に、お前らを引き替えちまうような屑だ」



494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:37:49.01 ID:BEndk5hkO

( ・∀・)「俺もな、昔 売られたんだ。
人買いにじゃない …直接、茶屋にだ。」

(;'A`)「ひっ……」

( ・∀・)「人買いなんかよりずっといい値になったさ。
9つになったばかりの俺は、店で一から仕組まれ、12で売られた。」

「…………」

(;'A`)「……」

( ・∀・)「でもな、間もなく 俺を養子として受け入れたいと、物好きな坊主が身請けを申し出てきた。」

( ・∀・)「茶屋を出て、俺は坊主の下で勉学に手を出しつつ働いた。
ま、んなこたぁどうでもいいんだが
さて、この腐れ坊主 坊主の癖して甘いものが大好きだった。」



497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:38:10.33 ID:BEndk5hkO

(*'A`)「……お団子…」

( ・∀・)「お前らの家で出るきびだんごとは別もんだぜ。あまぁいみたらしだんごさ
綺麗な落雁 練り菓子 羊羹……」

(*'A`)「うわぁ」

( ・∀・)「俺は、その腐れ坊主に恩返しがしたい。だからお前らを『雇った』。
住み込みで、飯もつけるし、少ないが給料も出す。
だから、俺と一緒に茶店を出して欲しい。」

「……」

娘達はぽかんとして、顔を見合わせている
私も 驚きを隠せない

どくおは 震えている

( ・∀・)「♪勝って嬉しい花一匁
負けて悔しい花一匁」


( ・∀・)「親御さん 見返してやろうぜ!」



503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:38:56.61 ID:BEndk5hkO

「…………」

(;'A`)「…………」

男の発破に まだ皆躊躇いをかくせないでいる
男の隣のどくおは 口をぱくぱくさせている


でも 私は思う
他の人買いに売られる前に雇ってもらえたのならば、それはむしろ幸運
春や色を売らずに働けるならば、それは安全
だから私は、みんなの背を押す


川 ゚ -゚)「私は賛成だ。
花街に売られるくらいなら、この男と店を立てた方が 何倍もマシだ」

立ち上がり 宣言する
花街 という単語を強調して、この話がどれだけ安物件なのかを暗に悟らせる

次いで、立ち上がった影がある

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:39:40.08 ID:BEndk5hkO

('A`)「おっ…おれ、もっ…手伝う!
とぉちゃん直伝の、大福でっ、お前を手伝う!!」

( ・∀・)「!」

そこからは、早かった


从 ゚∀从「あたしも、お汁粉うまいぜ!」

从・∀・ノ!リ人「お茶の心得ならあるのじゃ!」

(*゚ー゚)「私も、練り餡すき!」

ζ(゚ー゚*ζ「焼き菓子なら任せてよ」

('、`*川「……ごへいもちは お品書きに並べられるかしら?」

*('')*「あたい、お茶、こぼさへんで!!」


( ・∀・)

( ;∀;)



508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:40:46.55 ID:BEndk5hkO

( ;∀;)ありがとう!

川 ゚ -゚)「泣くことはないだろう。私達を買ったのはお前だ」

ζ(゚ー゚*ζ「遊女にされるくらいなら、ね」

(*゚ー゚)「かぁさま達と離れるのは辛いけど」

从・∀・ノ!リ人「そのうち 噂を聞きつけた兄達が、妹者を買い戻しに来るに決まってるのじゃ!
だから、寂しくなんかないのじゃ!」

*('')*「殴ったら殴り返すから覚悟しとき?」

(ぅ∀;)「……は…はは……」

('A`)「おじさん、名前 教えてよ」

( ;∀・)「……ばっか言え こぉんないけめんがおじさんなわけねぇだろ」


( ・∀・)「もら。俺の名ぁもらだ。」




514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:41:44.38 ID:BEndk5hkO

川 ゚ -゚)「もら か。わかった
なら、店の名前は決まったな」


川 ゚ -゚)「最良屋。和菓子のもらやだ。」

从 ゚∀从「まんまだなww」

('、`*川「けど、それがいい」

从・∀・ノ!リ人「看板娘の座はいただきなのじゃ!」

川 ゚ -゚)「ははっ。なら、はいんとどくおは手代になってもらおう。」

( ・∀・)「勝手に話が進んでくなー」
17
川 ゚ -゚)「いいだろう。こんな花魁予備軍が店を飾るんだ」

( ・∀・)「菓子より、店員ウケしそうだなぁ…
ま、腐れ坊主に死ぬほど美味い甘味を吐くほど食わせりゃ、俺ぁ満足だ」

ζ(゚ー゚*ζ「吐かせなんかしないわ」

(*゚ー゚)「お残しなんか、許さないんだから♪」

川 ゚ -゚)♪勝って嬉しい花一匁
( ・∀・)まけて悔しい花一匁

( ・∀・)花一匁 のようです 終

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:44:38.05 ID:BEndk5hkO

以上です
途中投下にあたりパニックを起こしましたが、
皆様のお陰で投下間隔気にせず投下出来ました
ありがとうございました

書き終えてから衆道の存在に気づき、死にたくなりました
何かありましたら批評お願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。