スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1レスお題 フラッシュ


346 名前:>>311 フラッシュ:2011/04/04(月) 22:47:37.88 ID:rvt67qtfO

蝉芸人。
寿命が短い蝉にのように、一時期話題になり世間を沸かせるが、すぐに飽きられて消えていく芸人のこと。

多くの芸人がそうであるように、僕らもそうであった。


( ^ω^)「……今日もお客は全然いなかったおね」

('A`)「……だな」


以前はもっと広い会場にお客が所狭しといた。

しかし、今はどうだ。
新人の芸人達と一緒にすっからかんの舞台でコントを繰り広げる。
笑い声は少なく、拍手もまばらだ。

人気だった頃は夢ではなかったのかと思えるほど、今の僕らは廃れていた。


('A`)「……あのとき俺らは輝いてたよな。……過去の栄光を思い出してるようじゃ、もうおしまいだけどよ」

( ^ω^)「お……」


確かに僕らが光を発していることもあった。
ただそれは常に輝く星の光ではなく、一度だけ大きな光を放つ閃光でしかなかったのだ―――



582 名前:じゃあ今更だけどもったいないから投下 >>311 フラッシュ :2011/04/04(月) 23:59:24.61 ID:4gKmCGh20
从 ゚∀从「正義の味方が器物破損とはね」
ミ,,゚Д゚彡「うるせー。もう諦めたらどうだ?」

ここは敵の陣地。俺は白衣を身にまとった、ハインリッヒ高岡とかいう女と対峙している。
あいつは組織にとって優秀な科学者らしいが、俺とは違って所詮純粋な人間。
俺は今現在の時間が夜であることを利用して、天井にある蛍光灯を片っ端から割らせてもらったのだ。

从 ゚∀从「黙れよ犬っコロ。夜目が利くってんなら、よーく見てろよ」

そう言って、白衣の内ポケットから取り出したのは、香水の瓶のような小さなフラスコ。
俺のピンと立った耳が、ポン、という微かな音を聞き取った。
細いガラスの口からコルクの栓が引き抜かれる。
そこから黒い煙が立ち上り、5つの塊になった。頭ができ、胴体が形作られ、現れたのは、

ミ,,゚Д゚彡「猫?」

( -ω-) ( -ω-) ( -ω-) ( -ω-) ( -ω-)

5匹の黒猫だ。大きさも外見もいたって普通。もしかしてこれから巨大化するとか?そう思った瞬間。

( ФωФ) ( ФωФ) ( ФωФ) ( ФωФ) ( ФωФ) カッ!

一瞬、巨大なストロボを焚いたように閃光が走った。暗闇に慣れた目がくらむ。

ミ,,;つД゚彡「くっ!何だっ、こいつらの目……!」
从 ゚∀从「アタシの自信作その1、ロマネスクだ。能力は<フラッシュ>。戦えはしないが、けっこう役に立つんだぜ?」
从 ゚∀从「さーて、ワクチン接種の時間だ。おとなしく診察を受けてもらおうか」

いつの間にか、高岡は両手に注射器を構えていた。
――どうやら、そう簡単には降参してくれないようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。