スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1レス系

678 名前:>>673 【寝言】[] 投稿日:2011/03/02(水) 09:41:29.74 ID:vMt591zM0 [3/17]
('A`)「最近、カンニング事件がやたらと取り沙汰されているけども」

(#゚ω゚)「みんな頑張ってきたのに、許せないお!」

('A`)「大学側も努力はしてるみたいだけどな」

( ^ω^)「けど、なかなかこういうのは無くならないお」

('A`)「だろうな。……そこで、オレは思いついた」

('A`)「全裸で試験を受けさせればこのような不正は不可能なのではないかと」

(;^ω^)「寝言は寝て言え」

789 名前:>>786 よっしゃ[] 投稿日:2011/03/02(水) 14:09:50.10 ID:71A4X3WjO [4/11]
( ・∀・) 「よし、行きますかねー」

山の麓から頂上へと向かって、歩を進め出す。いつか登りたいと思っていたが、ようやくその時が来たのだ。
入口付近は木も少なくて足場が安定しない、しかしそれもそれで楽しいと思えた。
周りを見てみれば童心に帰ったかのようにはしゃいでいる人が、結構な人数いるようだ。

( ・∀・) 「お楽しみにー」

もちろんそんなものはどうでもいい。僕は頂上にしか興味がないのだから。

中程まで行けば、所狭しと木が生えていて、葉の間から漏れる光や風が随分と心地よい。
ここで休憩をする人も多いみたいだ、お弁当を広げていたり本を読んでいたり、それぞれの形で皆がのんびりしているようだ。

それでも僕は止まる気はない。ただひたすら頂上へと歩き続ける。
その景色はどんなものかと胸を踊らせたところで、視界に入っていた空の割合が増える。心臓が一度跳ねた。

( ・∀・) 「……!!」

少しだけ駆けて頂上へと登れば、その眺めは絶景だった。気持ちがいい。筈だった。
地面は登山者の捨てたゴミが広がっており、ペットか野良かは分からないが犬か何かの糞がそこらに落ちている。
空気は淀んでいて木は根こそぎ切られたのでは? と思わされる程に木もない。

('A`) 「お兄さん、ガッカリしただろ? ここも昔は綺麗だったが……最近はマナーも知らん馬鹿が多くてねぇ……」

突然話し掛けてきた中年は、随分とつまらなさそうに息を吐いた。
じゃあ何でアンタは此処に来るんだと訊ねてみれば、「好きだから」とだけ漏らしてきししと笑う。



この山の歴史を、見てきたんだろうと聞かれたが、僕は何も言えなかった。そんな訳がないのに、答えたらいけない気がして。

790 名前:>>788[] 投稿日:2011/03/02(水) 14:29:06.56 ID:71A4X3WjO [5/11]
( ^ω^) 「……」

昔はよく褒められていた。
かけっこをやらせれば他の奴らを大きく引き離して、勉強をやらせれば満点ばかり。中学に入ってもそれは変わらない。
そりゃあ満点を取ることは減ったが、それでも成績は優秀だったし、感性が豊かだ何だと教師から言われたりもした。

大した努力は、していない。むしろ努力なんてもんは凡人がやるものだと斜に構えたり。
そんな僕が気に入らなかったのか、いじめられることも多かったが、自分より下の奴らだと見下していた。
変わり始めたのは、いつからだろう。授業を受けても頭に入らず、走ってみても自分より速い奴もたくさんいたと知ったのは。

かつては神童だ何だと親戚から言われていたのに、それもパッタリとなくなった。
気付けば外にも出ずにモニターと向き合うばかりの生活。キーボードに触れている時間が随分と多くなった。

( ^ω^) 「神童、ね……くだらねぇお」

親には腫れ物のように扱われて、一応大手には入社したが過労で倒れたりもして続かなかった。
今はその時に得た貯金を食い潰して生活している。
親は今の生活の方がいいなんて言っていた。ならば何故、あの時の目はあんなに泳いでいたのだろうか。笑える。

( ^ω^) 「はは、は……」

カタカタと無機質な音が響く中に、乾いた笑い声が混ざった。
自分より下の奴らだと見下していた、筈だったのに。今の僕はきっと彼らと何も変わらない。

いや、年齢を考えれば彼ら以下だろう。

( ^ω^) 「"つまんねぇんだが?もっと面白い作品書いてみろやオラオラ"、と」

あぁ、また今日も夜が更ける――――。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。