スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝試し



851 名前:肝試し:2011/05/31(火) 04:11:44.92 ID:1eM0Gla3P
でも1レスじゃない

 鬱田ドクオの趣味は、深夜に散歩に出る事だった
もう何年も前から気の向くままにふらりと外へ出ては
気のすむまで静まり返った町を歩いて廻るという事を繰り返してきたが、
火の玉一つドクオは見た事は無かった
幼いころにはホラー映画を見れば3日間眠れぬほど怯えたものだが、
いつしか心霊現象なんて大抵は勘違いであるとまで考えるようになっていた
そして今では町の若者の間で話題の心霊スポットである廃工場もドクオのお散歩コースと化しているのだった
 その日、いつもの散歩の途中、その廃工場に差し掛かったところで、ドクオは人の気配を感じた
一瞬、体中から冷たい汗が噴き出たが、落ち着いて物陰からよく見てみると、そこに居たのは同じ高校のクラスメートだった

('A`)「お、おい… お前ショボンだろ? 何でこんなところに居るんだ?」

(´・ω・`)「……」

('A`)「? …なあ?」

(´・ω・`)「……どうだっていいだろ」

('A`)「は? …?」


853 名前:肝試し:2011/05/31(火) 04:14:24.60 ID:1eM0Gla3P
 怪しげなショボンの態度に戸惑っていると、またしても背後から人の気配がした

( ^ω^)「あ」

('A`)「あれっ?ブーンも?」

川 ゚ -゚)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

('A`)「え?え? なにこれ?」

 いつの間にか4人のクラスメートがその場に集まっていた しかし皆それはそれは暗い表情をしていた

('A`)「どうしたの皆こんなところで…」

 彼らは一様に俯いていて、暫くの間、のしかかるような沈黙が流れた それから、ブーンが呟くように

( ^ω^)「肝…試し…」 とだけ言った

 ドクオはようやく全てを理解し、その場から走り去り、家へと戻った


856 名前:肝試し:2011/05/31(火) 04:16:44.43 ID:1eM0Gla3P
(´・ω・`)「誰だよあいつ呼んだの」

(´・ω・`)「お前か」

( ^ω^)「違うお」

ξ゚⊿゚)ξ「あいつを呼ぶ奴なんていないわよ」

(´・ω・`)「じゃあ何で来たんだ?」

川 ゚ -゚)「あいつ、深夜に徘徊してんだって 近所で少し噂になってる」

ξ゚⊿゚)ξ( ^ω^)(´・ω・`)「………」

(´・ω・`)「白けたわ 帰るぞ」

( ^ω^)「まったくもー」

 終

スポンサーサイト

1レス系

825 名前:( ^ω^)1レスで肝を試すようです:2011/05/31(火) 03:02:28.36 ID:PnlwgDPV0
( ^ω^)「キモ試しやるお!」
  _
( ゚∀゚)「え、いいよ。俺別にキモくないし」

( ^ω^)「そうそうそうブーンみたいにキモいかキモくないかの境界上の人が思い切ってイメチェンを試す……」

( ;ω;)つそ「ってチガーウ!!試すのは肝なの!!誰がボーダーメンか!?イミグレーションすっぞコラァ!!」
  _
( ゚∀゚)「ほう……、試すというのか?このご町内一といわれたこの俺の肝を?」

( ^ω^)「ふふふ、残念ながら今日から二番目だお!!」
  _
( ゚∀゚)「良かろう!刻限は今宵丑三つ時、場所は山浦の墓地だ!!」

( ^ω^)「把握!!」


( ´ω`)「ってやっぱり来ないし……」

(*゚ー゚) 「カツーンカツーン。ブーン君、しっかり釘抑えててね?」

( ´ω`)「幼馴染のしぃちゃんの意外な一面見ちゃうし見つかっちゃうし手伝わされちゃうし」

川д川 「ねえ、お皿今何枚目だっけ?私、1、2、3までしか数えられないのよ」

( ´ω`)「幽霊がノンタンみたいなこと言うし懐かれちゃうし」

川*д川「こ、今度10まで教えてほしいな、なんて……」

(*´ω`)「意外に悪い気はしないし」

続きを読む

ミセ*゚ー゚)リにゃんにゃんにゃーのようです川 ゚ -゚)


421 名前:ミセ*゚ー゚)リにゃんにゃんにゃーのようです川 ゚ -゚):2011/05/30(月) 19:51:07.95 ID:Uxj55E9B0

川;゚ -゚)「にゃっ……にゃんにゃーにゃにゃん?」オロオロ

ミセ*゚ー゚)リ「ハイ解ります! 言葉は解んないけどクーにゃんが今あたしを心配してくれてるってことは解ります!!
      くぁーーっ健気だぁああぁいい子過ぎるぅぅぅぅ! ナイチンゲェェェル! テレサァァァ!」ジタバタ

川;゚ -゚)ノ「にゃあー……」ナデナデ

ミセ*゚ー゚)リ「撫で撫で入りましたァーーーッ!
      もうこれは結婚しかないでしょうッ! 種族違うし性別も同じだけどッ!
      可愛いんだから仕方ねぇだらァアアァアアァァアァッ!!」ビタアアアアンッ


川;゚ -゚)「にゃ……おい大丈夫かミセリ」

ミセ*゚ー゚)リ「ま゙あ゙ぁあ゙あ゙ぁぁあ゙ぁあ゙萌えぇぇえぇええぇ!」ブンブンブン


川;゚ -゚)「さっきからエクソシストの女の子みたいな動きしてるぞ、なんかの病気なのか?」

続きを読む

タイトル無し


335 名前:駄作:2011/05/30(月) 17:39:28.67 ID:7J5VHjSZ0
 
J(#'ー`)し「ブーン!! あんた何回同じこと言ったら分かるの!!」

( ^ω^)「……」

J(#'ー`)し「遅刻に早退!! 宿題やらない!! テストは赤点!!」

( ^ω^)「……」

J(#'ー`)し「カーチャン何回学校に呼び出されたか分かってるの!?」

( ^ω^)「……」

J(#'ー`)し「今日も先生に呼び出されて…! カーチャンいい加減に今日という今日は許さないよ!!」

( ^ω^)「……」

J(#'ー`)し「なんとか言ったらどうなの!? ブーン!!」

( ^ω^)「……」

J(#'ー`)し「黙ってないで!! なんとか言いなさい!!」

( ^ω^)「ごめんなさいじょうひでき」
ボソッ

J( ー )し プツン


その時、カーチャンの中で何かが崩壊した。


337 名前:駄作:2011/05/30(月) 17:41:45.55 ID:7J5VHjSZ0
 
\J( 'ー`)し/    すばらしい
   | |      Y~・M・C・A♪
   < >  

( ^ω^)「ちょ…」

  ┌ ┐
  J( 'ー`)し   
   | |      Y~・M・C・A☆
   < >  


( ^ω^)「カーチャn…」

  J( 'ー`)し   ゆううつなどぉ☆
  <ノ ノ>    ふきとばしてぇ♪
((( < ̄< ))))


   J( 'ー`)9m     君も!
   <)  )      元気出せぇよぉ~☆
((((  > ̄ > ))))

 三 J( 'ー`)し「キャーーーーー!! ヒデキ!! 今行くわーーーーー!!」

あれから三年
カーチャンはまだ帰ってこない

 ~終~

( ^ω^)………童心に帰るようです。




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/06(金) 00:05:41.53 ID:jLlxPEl6Q
( ^ω^)………童心に帰るようです。


('A`)「てぇへんだ!てぇへんだ!」


('A`)ノここらへんが底辺だ!!

( ^ω^)そりゃ違う底辺だろw

( ^ω^)……

( ^ω^)今独り言をいってる僕は普通の男子高校生☆一つ違うとすれば引きこもりでぼっちで口が臭くて、ワキガで、不細工過ぎるてところかなー

( ^ω^)何をいってるんだお僕は

( ^ω^)……てか休みだから親いるからテラウザスw

( ^ω^)ウザスザウルス

( ^ω^)またつまらんギャグをいってしまった

( ^ω^)とりあえずVIPみるか

( ^ω^)こいつバカスwwww

続きを読む

1レス 空時々オゾン



541 名前:>>530 空時々オゾン:2011/05/01(日) 02:44:01.80 ID:EI0PVnhWO
美しい青空が見える、海と空の境界線は遠くにいくほど不鮮明で不思議な感覚だ。

从 ゚∀从「おい、ドクオ、綺麗な青空だぜ」

('A`)「運転中に見れねぇよ」

从 ゚∀从「しかし綺麗な青だなぁ」

せっかく海にきたんだ泳がなきゃなあ。
そう思って俺はおもむろに服を脱ぎだした。

('A`)そ「ちょ!おま!何突然脱ぎ出してんだ!」

ドクオの焦る顔が面白くて、思わず笑ってしまう。

从 ゚∀从「水着をすでに着用済みだ。しかも ビ キ ニ」

俺がそう誇らしげに言うと、ドクオは小学生かお前は!とちょっと怒ったような、それでいて照れたような顔でつぶやいた。

('A`)「日焼け止めしないと後々シミができるぞ」

从 ゚∀从そ「怖い事言うなよ!きっとオゾン層が紫外線から守ってくれるよ!」

車はもうすぐつく海水浴場に向かっている。 :2011/05/01(日) 02:44:01.80 ID:EI0PVnhWO
美しい青空が見える、海と空の境界線は遠くにいくほど不鮮明で不思議な感覚だ。

从 ゚∀从「おい、ドクオ、綺麗な青空だぜ」

('A`)「運転中に見れねぇよ」

从 ゚∀从「しかし綺麗な青だなぁ」

せっかく海にきたんだ泳がなきゃなあ。
そう思って俺はおもむろに服を脱ぎだした。

('A`)そ「ちょ!おま!何突然脱ぎ出してんだ!」

ドクオの焦る顔が面白くて、思わず笑ってしまう。

从 ゚∀从「水着をすでに着用済みだ。しかも ビ キ ニ」

俺がそう誇らしげに言うと、ドクオは小学生かお前は!とちょっと怒ったような、それでいて照れたような顔でつぶやいた。

('A`)「日焼け止めしないと後々シミができるぞ」

从 ゚∀从そ「怖い事言うなよ!きっとオゾン層が紫外線から守ってくれるよ!」

車はもうすぐつく海水浴場に向かっている。

田中ポセイドンは失いたくないようです




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 04:56:09.17 ID:BbWrYUbdO
(゜3゜)「………」


まだ火を付けたばかりの煙草を地面に落とし、薄汚れた靴で地面に擦り付けるようにして、踏んだ。
不意に昔、俺に体に悪いから煙草はやめろ、と言っていた奴の事を思い出す。
奴の事を思い出し、溜め息が零れそうになるのをグッと我慢しながら前を見据えた。
悍ましい程に綺麗な赤が燃えている。
無意識に震える指を握りこんで押さえ付けた。


(゜3゜)「また、か」


心底自分は何か、よからぬものに好かれているのではないかと疑う。
家を焼かれたのはこれで三回目だ。全く、炎に好かれているのか、嫌われているのか。
消防車と野次馬の声を遠くに聞きながら、ぼんやり思い出す。

続きを読む

プロフィール

短い( ^ω^)

Author:短い( ^ω^)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。